大井10R・第33回東京2歳優駿牝馬~ここは応援と割り切って~#1175

2009年も大晦日となりました。大井の重賞3連戦のラストは東京2歳優駿牝馬です。

①クラスペディア(牝2大井・沢/53石崎駿)
②フレーザーハクユウ(牝2大井・鷹見/53坂井)
③キョウエイトリガー(牝2大井・阪本一/53柏木)
④レッカ(牝2小林・堀/53真島)
⑤レギュラーサヤカ(牝2川崎・長谷川三/53町田)
⑥ヴィップクォリティ(牝2船橋・渋谷/53森)
⑦タカヒロフェアリー(牝2船橋・椎名/53水野)※出走取消
⑧ナリショーシーズン(牝2大井・上杉/53的場文)
⑨スパンキーラビット(牝2川崎・佐々木仁/53山崎誠)
⑩ブルーマーサー(牝2川崎・足立/53山田信)
⑪プリマビスティー(牝2船橋・岡林/53左海)
⑫ロゼワイン(牝2船橋・川島正行/53戸崎)
⑬ハカタアレイオーン(牝2大井・鷹見/53和田)
⑭オノユウ(牝2川崎・池田/53今野)
⑮プラネットバード(牝2小林・堀/53酒井)
⑯ラブリーランサム(牝2大井・鷹見/53張田)

◎⑮プラネットバード
○⑭オノユウ
▲⑩ブルーマーサー
△⑪プリマビスティー
△⑤レギュラーサヤカ
△⑫ロゼワイン
馬連⑮→⑭⑩⑪⑤⑫

いつもより△が多いのは行き掛かり上、⑮プラネットバードに◎を打ったため(笑)
そもそもは道営デビューを目指していたプラネットバード。ホッカイドウ競馬のサポーターズクラブにラインナップされていたので指名したのだが、調整の段階で順調さを欠いてしまったため、日程的に道営でのデビューが難しくなって大井でのデビューとなった。
残念ながら道営では未出走だったが、指名したのも何かの縁というわけでここは応援馬券。24日の段階では出走順位は17位と除外の一番手だったのだが、幸運にも回避馬が出たおかげで無事にゲートインすることができました。
正直、前走が大敗だったので強気にはなれませんが、その前走はグチャグチャの不良馬場で小柄なプラネットバードには厳しかったのだと思います。今回は首尾よく⑭オノユウの後ろをついて回ることができれば…と思います。
で、いつもより△が多い本当の理由は別に穴馬から入ったからというのではなく、もし「このレースは何から買う?」と聞かれたら「⑭オノユウから」と答えようと思っているからその相手を明示したまで。だって⑮プラネットバードからなら総流しに決まっているじゃないですか(笑)

あと最後の悪あがきで最終のおおとりオープンは

◎⑥ピエールバスター
○①ロイヤルマコトクン
▲⑤ラッキーブレイク

この三つ巴だと思います。
3連単⑥→①⇔⑤の2点でどうでしょう?

一応、予想はこれが今年最後ということで今年も一年間ありがとうございました。

※年末年始にかけて申し訳ありませんが、私のハンドルネームである“藤沢雄二”になりすましている不届きな輩がおりますので、再掲します

最近、携帯サイトの『競馬総合チャンネル』の「競馬データベース」というコンテンツに「新着書き込み」という各馬に対する掲示板に“藤沢雄二”のハンドルネームで書き込みを行っている輩がおりますが、私とは一切、関係がありません。既に25日の金曜日に競馬総合チャンネルさんには電話をいたしまして、その際に担当者の方からは、お忙しい中に丁寧な応対をしていただきまして非常に感謝しております。現状、静観しておりますが、とにかく「競馬データベース」における書き込みは私とは無関係ですから無視してください。
14:11 | 地方競馬2009
comment(2)     trackback(0)

 大井10R・第3回東京シンデレラマイル~順調の強みで~#1171

東京大賞典は◎⑭サクセスブロッケンと○⑬ヴァーミリアンの壮絶な一騎打ちでしたが、③ロールオブザダイスに△を打っていたならずもう少し強調しておいてもよかったかな~と反省する次第。
さて大井の年末重賞3連戦の真ん中は、古馬牝馬による東京シンデレラマイルです。

①チヨノドラゴン(牝6大井・高橋三/54酒井)
②ミスジョーカー(牝6船橋・矢野/56本橋)
③デザートレジーナ(牝6船橋・出川克/56吉田稔)
④パノラマビューティ(牝7船橋・松代/55張田)
⑤マダムルコント(牝4川崎・内田/54的場文)
⑥インカローズ(牝4大井・高橋三/53矢野)
⑦アンペア(牝3川崎・池田/54水野)
⑧ラインジュエル(牝5大井・鷹見/53真島)
⑨ジェットコマチ(牝5船橋・玉井/53石崎駿)
⑩ハニービー(牝3小林・橋本/53桑島)
⑪ツルノゴゼン(牝3川崎・田島/53繁田)
⑫コスモプリズム(牝3大井・宗形/53石崎隆)
⑬フサイチミライ(牝6小林・荒山/56今野)
⑭ベルモントプロテア(牝5船橋・出川克/57左海)
⑮リモーネフレイバー(牝4大井・月岡/54坂井)
⑯エロージュ(牝3船橋・川島正行/53戸崎)

◎④パノラマビューティ
○⑯エロージュ
▲⑤マダムルコント
△⑬フサイチミライ
△③デザートレジーナ
馬連④→⑯⑤⑬③

去年は空馬になったプリュネルが、絶好の手応えだったチヨノドラゴンを弾き飛ばすというアクシデントのあったこのレース。そのチヨノドラゴンが今年は1番枠でリベンジ!と言いたいところだが、休み明けを1回使っただけでは飛び付きにくい。
◎は去年同様に冬場に調子を上げてきた④パノラマビューティ。クイーン賞の最先着でもあるし、55kgというのも横の比較でアドバンテージはありそうです。
○は大外枠だが距離短縮が向きそうな⑯エロージュ。長いものにはなんとやらで川島正行厩舎は外せないでしょう。
▲に、終わってみれば「ああ、的場か」という声が聞こえてきそうな⑤マダムルコント。
△には外枠がどうかだが、牝馬限定に戻って⑬フサイチミライと、吉田稔のリベンジはあるかもしれない③デザートレジーナまで。
何が来てもおかしくないだけに妙味はありそうです。今年はアクシデントがないことを祈りたいですね。
11:05 | 地方競馬2009
comment(4)     trackback(0)

 交流GⅠ・第55回東京大賞典~中央勢の序列を見抜け~#1169

有馬記念がダメも地方競馬がある!というわけで東京大賞典であります。

◎⑭サクセスブロッケン
○⑬ヴァーミリアン
▲④ゴールデンチケット
△⑨ボンネビルレコード
△③ロールオブザダイス
馬連⑭→⑬④⑨③

⑬ヴァーミリアンを○に落とした理由は『同一年に帝王賞と東京大賞典を勝った馬がいない』というジンクスが引っ掛かったから。もっとも今年は、この帝王賞と東京大賞典の関係(上半期と下半期で同じ条件の重賞を勝たない)にこだわりすぎて、目黒記念⇔アルゼンチン共和国杯のミヤビランベリや東京新聞杯⇔富士Sのアブソリュートみたいに痛い目に遭ったケースか多かったのだが(^^ゞ
で、◎は外枠大歓迎の⑭サクセスブロッケン。⑩フリオーソの逃げならエスポワールシチーほどは速くならないだろうし、外付きの3番手で理想の競馬ができると思うのだが。
▲はダートなら堅実な④ゴールデンチケット。ジャパンCダートは結果オーライの感があって、まあルメールが手の内に入れたというなら怖いけど、やっぱり前回はハマったような気がしてならない。
むしろ馬券的には△に魅力あり。やはり的場文男と⑨ボンネビルレコードのコンビは魅力を感じるし、デムーロにこだわった③ロールオブザダイスも無視はできないでしょう。
迎え撃つ南関東勢ですけど、休み明けになる⑩フリオーソに食指は動かないし、浦和記念を勝った①ブルーラッドは左回りの方がいいタイプ。勢いのある②セレンは交流重賞初挑戦でさすがに格負けしそうだし、東京ダービーで世話になった⑤サイレントスタメンは交流重賞の速い流れにはまだ耐えられないだろう。
まあ8枠頭の枠単を勝っていれば当たるような気はしますが(笑)とりあえずは⑭サクセスブロッケンに期待します。

P.S.最近、携帯サイトの『競馬総合チャンネル』の「競馬データベース」というコンテンツに「新着書き込み」という各馬に対する掲示板に“藤沢雄二”のハンドルネームで書き込みを行っている輩がおりますが、私とは一切、関係がありません。既に25日の金曜日に競馬総合チャンネルさんには電話をいたしまして、その際に担当者の方からは、お忙しい中に丁寧な応対をしていただきまして非常に感謝しております。現状、静観しておりますが、とにかく「競馬データベース」における書き込みは私とは無関係ですから無視してください。
11:51 | 地方競馬2009
comment(4)     trackback(0)

 交流GⅢ・第9回兵庫ゴールドトロフィー~若さを信じて~#1156

昨日の名古屋グランプリは中央勢が交流重賞で5連敗の鬱憤を晴らす圧勝劇。まあ馬券的には何の面白味もなかったけど(笑)
連日の交流重賞となる今日は園田で兵庫ゴールドトロフィーです。

◎③ラヴェリータ
○⑨リミットレスビッド
▲⑩トーセンブライト
△⑫ヴァンクルタテヤマ
△②ベストタイザン
馬単③→⑨⑩⑫②

組み合わせの割りには難解だが、昨日の名古屋グランプリを見てもジャパンCダートに出るような馬は一枚違うということで◎は③ラヴェリータ。内の深い園田の3番枠で出遅れ癖のあるこの馬を人気で頭から買うのはどうかと思うが、仮に出遅れてもそこまで派手な出遅れはないだろうというわけで中心視。まあ前走から間隔の空いている他の中央勢の調整があまり強くないのを思うと。中17日ながらもCWで2本時計を出しているならデキに関しては問題ないかと。
まあ○~△までの印の並びもかなり微妙。要するに△⑫ヴァンクルタテヤマと▲⑩トーセンブライトの追い切り時計に不足感があって、これならマイペース調整の⑨リミットレスビッドを上に採ろうという話。とにかく△⑫ヴァンクルタテヤマの16日のBコースの時計がどうにもこうにもピンとこない。ワンダースピードのように追い切りで動かないことがわかっていればいいけど、ヴァンクルタテヤマはそんな馬でもないだろう。そこで54kgの②ベストタイザンに△を打っておく。
とりあえずガミらなければいいなとだけ思っておきます(笑)
12:03 | 地方競馬2009
comment(2)     trackback(0)

 交流GⅡ・第9回名古屋グランプリ~鞍上強化に意欲を感じて~#1155

名古屋では交流GⅡの名古屋グランプリが行われます。

◎④コパノカチドキ
○⑫マコトスパルビエロ
▲①ワンダースピード
△⑤メイショウトウコン
△⑨マイネルアワグラス
馬連④→⑫①⑤⑨

北海道2歳優駿以来、交流重賞は地方側の5連勝中とあって、無理を承知で◎は道営の④コパノカチドキを抜擢。いくら桑村が上手くなったとはいえそれは道営の中での話。今回の桑村→吉田稔は素直に鞍上強化と思いたい。道営レベルとはいえ重賞3連勝はなかなかできないことだし、ここは勢いを買ってみたい。
やはり相手本線はJBCクラシックでヴァーミリアンと際どい競馬をした○⑫マコトスパルビエロに▲①ワンダースピード。そして△に⑤メイショウトウコンに⑨マイネルアワグラスだが、中央勢はいずれも変則中1週or連闘になるので、中間の調整がしっかりなされているとは思えないだけに、地方勢の何かが飛び込んでくる余地はあると思います。オーナーのDr.コパ氏はラブミーチャンで乗っているし、角川厩舎は2歳戦を盛り上げて地方旋風の中心にいたわけですからコパノカチドキの一角崩しは十分に可能だと思います。コパノカチドキから入れば、手を出す価値もあると思います。
11:54 | 地方競馬2009
comment(2)     trackback(0)
| HOME | next