第132回中山大障害振り返り~勝ち馬・キングジョイ~#1172

障害戦の大一番の中山大障害は○⑦キングジョイが連覇を達成。勝ち時計は4.41.7
【展開】
1角:5,3(10,14,7)(1,9)-8,12,6,13,4,11=2
2角:(5,3)-7(10,14)(1,9)(8,6)12-(13,4)11=2
3角:(3,7,14)-1-(9,8)6-4(10,12)-(11,13)=2止5
4角:(7,14)-3,1-9,8(4,6)-12,10(11,13)=2

3着抜けの上にそもそもが裏では仕方ない予想がコレ

結論から言えば大障害コースの経験値の差がモロに出た形となりました。勝った○⑦キングジョイと2着の◎⑭メルシーエイタイムとの3年連続の一騎打ちは追う者の強みを見せて⑦キングジョイに凱歌。今回のキングジョイとメルシーエイタイムの差は春シーズンを順調に使えたかどうかではないでしょうか?
来年は両馬とも8歳となるわけですが、障害は8歳でも脂が乗っているところはあるし、この世代はテイエムドラゴン、マルカラスカルもいて障害界ではビンテージなだけに、少なくとも中山のJ・GⅠに関しては再来年まで信用できるかと思います。
そして3着には春も3着だった①オープンガーデンが秋の不振から巻き返して経験値を信じることの確かさを実証することに。若干、▲⑤テイエムトッパズレの落馬に助けられた感もありますが、上位の2頭にあまり離されなかったのは来年につながると思います。
4着の④モルフェサイレンスは一気の6kg増の63kgでも最後までしっかりと走れたのは収穫ですね。これからの上積みもあると思います。
現時点では上位2頭の力が抜けているのは確かですが、障害コースの構造上、中山とそれ以外が別物みたいになっているのは少々問題だと思います。キングジョイもメルシーエイタイムも東京や阪神で結果を残してほしいし、その他の面々は中山でこの両馬を脅かす存在になってほしいものです。
23:44 | 踏み切ってジャンプ2009
comment(0)     trackback(0)

 第132回中山大障害~初志貫徹で~#1163

暮れの大一番の中山大障害であります。

◎⑭メルシーエイタイム
○⑦キングジョイ
▲⑤テイエムトッパズレ
△③トウカイポリシー
3連複1頭軸⑭→⑦⑤③

結局、週中の展望のまんまです。中心は4年連続連対中とコースを知り尽くしている◎⑭メルシーエイタイム。もちろんこの馬の単に妙味ありと思っています。
○⑦キングジョイは西谷への手替わりは現状維持と判断しました。
▲⑤テイエムトッパズレは最近の安定感を評価。でも本来は穴馬だけに人気サイドではどうかという気も…。
むしろ妙味があるのは印は△たが③トウカイポリシーの方でしょう。
予想としては3連複ベースだけど、気持ちは⑭メルシーエイタイム1着固定の3連単で…というところ。一騎打ちが成立するのかが見所だと思います。
14:28 | 踏み切ってジャンプ2009
comment(0)     trackback(0)

 第132回中山大障害展望#1153

2009年の中央競馬も最終週を迎えます。クライマックスは有馬記念で、という方は多いとは思いますが中には“延長戦”になる尾張SやファイナルC、はたまた大井の東京大賞典でスッキリと締め括れるように力が入る方もいらっしゃると思います。
でもその前に何か忘れていませんか?そう、中山大障害を。今年は登録が16頭で全馬出走可能なので、ざっとチェックをしておきましょう。

まずコース解説は去年の展望でやっているのでそれをご覧ください。
春の中山グランドジャンプでも言えるわけですが、押さえておきたいポイントは
①大竹柵・大土塁の経験
②中山コースの実績
③オープンでの実績
になると思います。もちろん重要度は①>②>③の順になります。
これを踏まえて各馬分析を。
・オープンガーデン
障害【2-2-3-15】
中山【1-1-1-5】
春のグランドジャンプで3着の実績はあるが、当時は前哨戦のペガサスジャンプSを勝った勢いもあったと思います。この秋は2戦着外で春ほどの勢いは感じられません。名ジャンパーのゴーカイ産駒だけに頑張ってほしいですが入着までが妥当な評価でしょうか。

・キングジョイ
障害【4-5-2-6】
中山【1-2-1-0】
大障害コースは3戦3連対で去年の覇者だけに、もちろん今年も中心の1頭。
京都ハイジャンプを勝って挑んだ去年と比べると勢いには欠けるのと、高田との名コンビを解消して西谷との新コンビがどうかというのはあるが、あまり気にすることもないのでは?

・クルワザード
障害【3-1-6-18】
中山【0-0-0-4】
春のグランドジャンプでは4着だが決着のついた後だけに評価は微妙。今年に入っては大敗が目立つだけに厳しいか。

・スプリングロック
障害【1-1-1-7】
中山【0-0-1-3】
基本的に賞金400万円の1勝馬はノータイムで消していいと思います。未勝利勝ちは8戦目で、オープンでは3秒から負けているのでここもよほどのことがなければ。

・セイウンエポック
障害【1-1-3-17】
中山【0-0-1-2】
未勝利脱出は18戦目。オープンでも結果は出ていないので厳しいでしょう。

・テイエムトッパズレ
障害【4-3-3-13】
中山【0-1-1-3】
中山コースに勝ち星はありませんが、大障害コースは3度経験して去年は3着。そして5月の京都ハイジャンプ以来、重賞で4戦連続3着以内と安定感を身につけて今回は侮れない存在。

・トウカイポリシー
障害【2-1-0-2】
中山【1-0-0-0】
重賞初挑戦になりますが、中山でオープン勝ち+前走は62kgで2着と勢いは買えそうです。未勝利の2戦目で落馬しているだけに手放しでは持ち上げられませんが、オッズ次第では穴に一考の余地がありそうです。

・ドングラシアス
障害【2-1-0-11】
中山【0-0-0-0】
去年の三木ホースランドパークジャンプSの2着があるので距離は大丈夫そうです。ただ関東圏での競馬が初めてだし、重賞ではワンパンチ足りないだけにB誌の週報で印が付くほどではないと思います。

・ドールリヴィエール
障害【2-2-1-6】
中山【0-0-0-1】
上のドングラシアスをぶっちぎった三木ホースランドパークジャンプSが夏の小倉戦以来だったので、秋の阪神ジャンプS以来となるのはこの馬自身はプラスでしょう。春のグランドジャンプでも5着ではありますが、あまり魅力は感じないですね。

・バトルブレーヴ
障害【4-3-1-9】
中山【0-0-0-1】
春のグランドジャンプは休み明けで臨んで11着に大敗。東京でも3戦着外だけに関東圏の競馬に不安はありそうです。今シーズンの成績も去年ほどの勢いはなく厳しいかもしれません。

・プライドイズハート
障害【1-0-1-7】
中山【0-0-0-2】
未勝利脱出は入障2戦目だったものの、オープンに昇格してからは福島ジャンプSでの3着が最高でちょっと頭打ちムード。

・マイネルネオス
障害【1-4-0-2】
中山【0-2-0-2】
6戦目の未勝利勝ちで挑んだイルミネーションジャンプSでは落馬の憂き目に。さすがに落馬の直後では積極的には狙いにくく、まあ高配当というスケベ心を出すのなら止めませんが(笑)

・メジロスパイダー
障害【1-0-1-7】
中山【0-0-0-2】
5戦目での未勝利勝ちの後はオープンで4戦して3着以内はなし。着順ほどは負けてないけれど、ちょっとここでは力不足の印象が…。

・メルシーエイタイム
障害【5-5-2-4】
中山【2-4-1-1】
目下、4年連続連対中と大障害コースを知り尽くした馬。福島の平地を叩いての臨戦過程は去年と同じだが、不安があるとすれば今年は春のグランドジャンプを使えなかった点か。ただ安定感なら最右翼でしょう。

・メルシーモンサン
障害【1-1-0-6】
中山【0-0-0-1】
6戦目で未勝利勝ちも、オープンの2戦ではまだ結果が出ていません。メルシーエイタイム&有馬記念出走のスリーロールスの帯同馬という評価が妥当でしょう。

・モルフェサイレンス
障害【2-4-1-2】
中山【1-0-0-1】
ニューイングランド×マーベラスサンデーという配合なので、サンデーサイレンスの2×3というエグいインブリードを持ったある意味障害向きの気性の馬。
障害での9戦全てで大江原圭が手綱をとっているので57kgでしか経験のない馬が63kgを背負うのがどうかという点はありますが、未勝利→オープンと連勝しているのは強みだと思います。

暫定で印を打つと
◎メルシーエイタイム
○キングジョイ
▲テイエムトッパズレ
△トウカイポリシー
というところでしょうか。△を1枠余らせているので当日は追加するかもしれませんが、◎と○の2頭軸は崩れないような気がします。
22:20 | 踏み切ってジャンプ2009
comment(0)     trackback(0)

 中山4R・障害未勝利~ここは順当戦~#1137

日曜日の障害戦は中山で未勝利戦がフルゲートで。初障害の馬は3頭いるけど、経験馬の層が厚そうです。

◎③タカラボス
○④トップモンジュー
▲②クンダリーニ
△⑧スプリングカラー
△⑨アンクルトップ
馬連③→④②⑧⑨

◎は前走2着の③タカラボス。中1週がどうかというのはあるが、その前走は速い流れで結果を出したのは好材料。血統的にはスタミナ色が強いだけに中山替わりは問題ないしここは主役を張れそうです。
○に④トップモンジュー、▲に②クンダリーニの関西馬を。前者は中山は向きそうだし、後者は1年ぶりの実戦を使った上積みが見込めそうで強敵です。
△にはじれったいが⑧スプリングカラーと、障害試験になかなか受からなかったがタイム自体は水準級の⑨アンクルトップまで。
ほぼ◎~▲の三つ巴のような気がしますが、まずは当たってほしいものです。
11:03 | 踏み切ってジャンプ2009
comment(0)     trackback(0)

 阪神8R・三木ホースランドパークジャンプS~フレッシュさに期待して~#1133

土曜日の障害戦は阪神で3900mの三木ホースランドパークジャンプSです。

◎⑧ニューヨーカー
○③マンノレーシング
▲⑪トーワベガ
△①ショウリュウケン
△⑦コウヨウウェーブ
馬連⑧→③⑪①⑦

距離が長いことに加えて、一線級は中山大障害へ向かうこともあって手薄になるために波乱含み。阪神コースを得意にしている馬がほぼ見当たらない組み合わせで◎は関東馬の⑧ニューヨーカーを抜擢。母はアイリッシュダンスの半姉でダート路線で息の長い活躍をしたスピードアイリスだけにこれからの成長力が見込める血統。休み明けに目をつむれば決して無理筋ではないだろう。
○は3走前に阪神で重賞3着のある③マンノレーシング。コース適性を見せれば変わり身があっておかしくない。
▲に阪神で未勝利勝ちの⑪トーワベガ。ここのところの安定感は光る。
△に阪神でも連対のある①ショウリュウケンと単騎で行けると渋太い⑦コウヨウウェーブまで。
◎が穴なので単複でも面白いと思います。
13:43 | 踏み切ってジャンプ2009
comment(0)     trackback(0)
| HOME | next