第51節のJ2から…#1126

J2も5日で全日程が終了。3番目のイスは湘南が死守しました。

~5日のJ2~
仙台1-1愛媛
【仙】エリセウ(65分)
【愛】ジョジマール(89分)
Shots/23:10
FK/13:12
CK/12:3
Offside/4:2
水戸2-3湘南
【水】中村(20分)森村(21分)
【湘】田原(30分)阿部(34分、53分)
Shots/18:11
FK/20:21
CK/4:4
Offside/1:2
草津3-2栃木
【草】都倉(33分=PK)山崎(47分)有薗(52分)
【栃】川上(76分)稲葉(80分)
Shots/13:11
FK/12:146
CK/4:3
Offside/1:3
東京V2-2札幌
【V】井上(17分)永里(24分)
【札】石川(67分)西嶋(89分)
Shots/11:14
FK/11:17
CK/4:8
Offside/5:0
横浜FC2-2福岡
【横】早川(39分)難波(72分)
【福】大久保(19分)黒部(87分)
Shots/9:13
FK/17:19
CK/7:4
Offside/3:0
甲府2-1熊本
【甲】金信泳(2分、23分)
【熊】小森田(28分)
Shots/11:13
FK/14:23
CK/5:9
Offside/8:3
富山2-0草津
【富】朝日(65分)長山(79分)
Shots/17:6
FK/15:18
CK/11:3
Offside/5:3
岐阜2-1徳島
【岐】佐藤(57分)和田(68分)
【徳】ペ・スンジン(11分)
Shots/14:9
FK/20:12
CK/9:9
Offside/0:3
鳥栖2-1C大阪
【鳥】高地(89分、89分)
【C】船山(8分)
Shots/14:13
FK/14:22
CK/10:3
Offside/1:2

注目の3位争いは湘南が0-2から逆転して11年ぶりのJ1復帰。熊本に勝った甲府は勝ち点1の差に泣いて3年ぶりのJ1復帰はなりませんでした。
一方、J2の優勝争いはそれぞれロスタイムにまさかの失点を喫し仙台は引き分け、C大阪は逆転負けで、結局J2優勝は仙台が達成しました。

~2009年J2の最終順位~
1:仙台 106(32-10-9)+48〈87-39〉
2:C大阪 104(31-11-9)+47〈100-53〉
3:湘南 98(28-11-11)+32〈84-52〉
4:甲府 97(28-13-10)+30〈76-46〉
5:鳥栖 88(25-13-13)+20〈71-51〉
6:札幌 79(20-16-14)+13〈74-61〉
7:東京V 74(21-11-19) +7〈68-60〉
8:水戸 73(21-10-20) -9〈70-79〉
9:徳島 72(19-15-17)+15〈67-52〉
10:草津 65(18-11-22)-12〈64-76〉
11:福岡 65(17-14-20)-19〈52-71〉
12:岐阜 62(16-14-21)-10〈62-72〉
13:富山 61(15-16-20)-10〈48-58〉
14:熊本 58(16-10-25)-16〈66-82〉
15:愛媛 47(12-11-28)-26〈54-80〉
16:横浜FC 44(11-11-29)-27〈43-70〉
17:栃木 37(8-13-30)-39〈38-77〉
18:岡山 36(8-12-31)-44〈40-84〉
※()内はW-D-Lの順
また〈〉内はG-Lの数

J1復帰を決めた仙台・C大阪・湘南はホームでの負け数が少なかった(仙台と湘南は2敗、C大阪は3敗)ことが結果につながったようです。4位の甲府が5敗してしまったのが運命の分かれ道だったようです。逆に甲府はアウェイでの最多勝ち点を稼いでいたわけですが、やはりホームで負けないことは上位に進む鉄則ですね。
1年でのJ1復帰を目指した札幌と東京Vはそれぞれ6、7位と沈んでしまいました。前半戦を盛り上げた水戸は8位、徳島は9位でのフィニッシュ。ここまでが勝ち数が負け数を上回ったチーム。
草津は得失点差で10位、福岡が11位。岐阜は今シーズンはホームでの健闘が光り12位。J2初年度の富山は13位と健闘もホームで勝ち点を伸ばせなかったのが課題。熊本は終盤の追い上げで10位グループとは差のない14位へ。ただワースト2位の守備力の向上が課題。15位の愛媛も失点の多さが課題。横浜FCは16位と不本意なシーズンに。そしてJ2初年度の栃木が17位、岡山が最下位という結果。この線でいくと来シーズン昇格する北九州も厳しい戦いになりそうです。
来シーズンは19チームによる2回戦制になるそうで、今年ほどの差は開かないとは思いますが、J1経験のあるチームとこの数年の間にJ2に上がってきたチームとの戦力差はそれなりに大きくありそうですね。
00:02 | Jリーグ2009
comment(0)     trackback(0)

 第50節のJ2から…#1107

J1復帰の第3のイスを巡る争いは最終節へもつれこむことになりました。

~28日のJ2~
C大阪2-1岐阜
【C】船山(19分、23分)
【岐】西川(8分)
Shots/13:5
FK/24:20
CK/3:1
Offside/0:3
岡山0-1甲府
【甲】松橋(62分)
Shots/9:6
FK/23:17
CK/7:5
Offside/1:3
~29日のJ2~
札幌3-1横浜FC
【札】ハファエル(23分)キリノ(25分)曽田(89分=PK)
【横】三浦淳(60分)
Shots/18:7
FK/12:26
CK/7:2
Offside/3:2
栃木2-3東京V
【栃】河原(41分)石舘(77分)
【V】土屋(18分)河野(61分)井上(71分)
Shots/11:14
FK/15:19
CK/6:3
Offside/3:2
愛媛0-0鳥栖
Shots/14:15
FK/15:20
CK/4:5
Offside/0:1
熊本2-0富山
【熊】小森田(55分)山口(89分)
Shots/6:11
FK/24:17
CK/2:9
Offside/4:6
湘南0-0草津
Shots/7:9
FK/19:30
CK/7:2
Offside/6:0
徳島0-4仙台
【仙】マルセロ・ソアレス(24分、72分)千葉(63分)関口(69分)
Shots/7:17
FK/24:23
CK/4:5
Offside/2:5
福岡3-1水戸
【福】高橋(0分)佐藤(30分)田中佑(76分)
【水】荒田(50分)
Shots/15:8
FK/16:18
CK/5:3
Offside/2:1

甲府が勝って湘南が引き分けたので、順位は変わらなかったものの勝ち点差は1に。ただ最終節は甲府は3連勝中の熊本と、湘南は失速ぶりの目立つ水戸との対戦で限りなく湘南に有利な印象です。
札幌は勝って6位が確定。前節で鳥栖の5位も確定しているが、それ以外の順位は最終節に決まります。

~50節終了時点の順位~
1:仙台 105(32-9-9)+48〈86-38〉
2:C大阪 104(31-11-8)+48〈99-51〉
3:湘南 95(28-11-11)+31〈81-50〉
4:甲府 94(27-13-10)+29〈74-45〉
5:鳥栖 85(24-13-13)+19〈69-50〉
6:札幌 78(20-15-14)+13〈72-59〉
7:東京V 73(21-10-19) +7〈66-58〉
8:水戸 73(21-10-19) -8〈68-76〉
9:徳島 72(19-15-16)+16〈66-50〉
10:福岡 64(17-13-20)-19〈50-69〉
11:草津 62(17-11-22)-13〈61-74〉
12:岐阜 59(15-14-21)-11〈60-71〉
13:富山 58(14-16-20)-12〈46-58〉
14:熊本 58(16-10-24)-15〈65-80〉
15:愛媛 46(12-10-28)-26〈53-79〉
16:横浜FC 43(11-10-29)-27〈41-68〉
17:栃木 37(8-13-29)-38〈36-74〉
18:岡山 36(8-12-30)-42〈40-82〉
※()内はW-D-Lの順
また〈〉内はG-Lの数

最終節は全試合が土曜日の12時30分キックオフになっています。なんで時計の下からキックオフなのかわかりませんが、全ての順位は14時20分ごろになりそうですね。
21:38 | Jリーグ2009
comment(0)     trackback(0)

 第49節のJ2から…#1090

先週のJ2は3位争いの大一番が行われて、その結果、湘南がJ1復帰に大きく前進しました。

~21日のJ2~
東京V0-2熊本
【熊】吉井(16分)小森田(43分=PK)
Shots/12:7
FK/15:17
CK/6:2
Offside/6:3
甲府2-3湘南
【甲】金信泳(25分)マラニョン(62分=PK)
【湘】中村(6分)臼井(10分)坂本(89分)
Shots/10:16
FK/14:21
CK/10:2
Offside/6:3
~22日のJ2~
仙台1-0C大阪
【仙】朴柱成(89分)
Shots/10:11
FK/18:23
CK/5:3
Offside/5:2
横浜FC1-0栃木
【横】エデル(27分)
Shots/5:7
FK/23:17
CK/4:4
Offside/1:3
鳥栖0-0岡山
Shots/14:7
FK/13:20
CK/10:4
Offside/6:1
水戸1-0愛媛
【水】中村(86分)
Shots/8:14
FK/11:13
CK/6:5
Offside/4:0
草津1-2福岡
【草】都倉(2分)
【福】丹羽(17分)大久保(66分)
Shots/7:14
FK/16:17
CK/4:10
Offside/0:6
富山0-0徳島
Shots/5:9
FK/20:17
CK/5:1
Offside/4:4
岐阜2-4札幌
【岐】佐藤(32分、67分)
【札】上里(11分)ダニルソン(20分、21分)岩沼(65分)
Shots/10:15
FK/14:17
CK/7:3
Offside/2:0

湘南が小瀬に乗り込んでの“3位決定戦”は湘南が劇的弾で甲府を振り切ってJ1復帰を大きく手繰り寄せる。熱のこもった一戦だったが主審が西村雄一だったのがなんとも…。
この一戦で決着がついた時点で昇格のなくなった鳥栖は岡山とスコアレスドローに終わって5位が確定。
共にJ1復帰が決まっている仙台とC大阪は直接対決。これまたロスタイムの劇的弾で仙台が首位に浮上。

~49節終了時点の順位~
1:仙台 102(31-9-9)+44〈82-38〉
2:C大阪 101(30-11-8)+47〈82-38〉
3:湘南 94(28-10-11)+31〈81-50〉
4:甲府 91(26-13-10)+28〈73-45〉
5:鳥栖 84(24-12-13)+19〈69-50〉
6:札幌 75(20-15-14)+11〈69-58〉
7:水戸 73(21-10-18) -6〈67-73〉
8:徳島 72(19-15-15)+20〈66-46〉
9:東京V 70(20-10-19) +6〈63-57〉
10:草津 61(17-10-22)-13〈61-74〉
11:福岡 61(16-13-20)-21〈47-68〉
12:岐阜 59(15-14-20)-10〈59-69〉
13:富山 58(14-16-19)-10〈46-56〉
14:熊本 55(15-10-24)-17〈63-80〉
15:愛媛 45(12-9-28)-26〈53-79〉
16:横浜FC 43(11-10-28)-25〈40-65〉
17:栃木 37(8-13-28)-37〈34-71〉
18:岡山 36(8-12-29)-41〈40-81〉
※()内はW-D-Lの順
また〈〉内はG-Lの数

湘南と甲府は勝ち点3の差ではあるが得失点差でも総得点でも湘南が上回っているだけに、湘南がかなり優位に立ちました。早ければ次節にも湘南のJ1復帰が決まります。そうなるとJ2の興味は最終節まで保たないかもしれませんね。
17:35 | Jリーグ2009
comment(0)     trackback(0)

 第48節のJ2から…#1052

日曜日のJ2第48節ではC大阪と仙台がJ1復帰を果たして、焦点は3位争いになりました。

~8日のJ2~
札幌1-1富山
【札】石井(83分)
【富】石田(53分)
Shots/8:6
FK/23:21
CK/6:6
Offside/3:5
水戸0-4仙台
【仙】中島(2分)千葉(23分)菅井(58分)マルセロ・ソアレス(79分)
Shots/9:11
FK/9:17
CK/3:3
Offside/6:3
栃木0-2熊本
【熊】藤田(44分)小森田(79分)
Shots/11:9
FK/20:26
CK/2:5
Offside/4:3
湘南2-2東京V
【湘】寺川(26分)阿部(89分)
【V】井上(42分)レアンドロ(89分)
Shots/13:17
FK/22:14
CK/5:6
Offside/5:2
福岡2-1甲府
【福】高橋(30分)大久保(66分)
【甲】マラニョン(17分)
Shots/6:5
FK/30:23
CK/3:3
Offside/4:6
C大阪5-0草津
【C】乾(1分、60分、62分、68分)マルチネス(23分)
shots/11:8
FK/13:36
CK/3:5
Offside/16:4
徳島0-1鳥栖
【鳥】ハーフナー・マイク(87分)
Shots/14:14
FK/16:19
CK/2:5
Offside/0:1
岡山0-2岐阜
【岐】高木(79分=PK)佐藤(86分)
Shots/11:7
FK/17:20
CK/3:2
Offside/2:4
愛媛0-2横浜FC
【横】難波(73分)三浦淳(89分)
Shots/9:14
FK/17:16
CK/5:4
Offside/1:4

C大阪と仙台が勝って、なおかつ甲府と湘南が勝てなかったらこの節でのJ1復帰が決まるという条件だったのだが、C大阪と仙台は開始早々に先制して文句のない大勝。その一方で甲府は逆転負けで湘南は終了間際に辛うじて追い付いて引き分けと共に勝てずに、あっさりとC大阪と仙台のJ1復帰が決定。これでJ2の興味は一気に3位争いへ。
中位以下では札幌から水戸の6~9位争いと草津から富山の10~13位争いが熾烈となっています。

~48節終了時点の順位~
1:C大阪 101(30-11-7)+48〈97-49〉
2:仙台 99(30-9-9)+43〈81-38〉
3:湘南 91(27-10-11)+30〈78-48〉
4:甲府 91(26-13-9)+29〈71-42〉
5:鳥栖 83(24-11-13)+19〈69-50〉
6:札幌 72(19-15-14) +9〈65-56〉
7:徳島 71(19-14-15)+20〈66-46〉
8:東京V 70(20-10-18) +8〈63-45〉
9:水戸 70(20-10-18) -7〈66-73〉
10:草津 61(17-10-21)-12〈60-72〉
11:岐阜 59(15-14-19) -8〈57-65〉
12:福岡 58(15-13-20)-22〈45-67〉
13:富山 57(14-15-19)-10〈46-56〉
14:熊本 52(14-10-24)-19〈61-80〉
15:愛媛 45(12-9-27)-25〈53-78〉
16:横浜FC 40(10-10-28)-26〈39-65〉
17:栃木 37(8-13-27)-36〈34-70〉
18:岡山 35(8-11-29)-41〈40-81〉
※()内はW-D-Lの順
また〈〉内はG-Lの数

今週末は天皇杯の4回戦でJ2勢は鳥栖・仙台・甲府・岐阜がJ1勢に挑戦です。この経験が残り3節のリーグ戦にどう活きるかは注目です。
22:42 | Jリーグ2009
comment(0)     trackback(0)

 秋空に凱歌を挙げたFC東京~ヤマザキナビスコカップ決勝・FC東京vs川崎フロンターレ@国立競技場~#1026

もはや日本で一番有名なダービーマッチとなった感のある“多摩川クラシコ”。そもそものキッカケはネタに飢えていた川崎が、2006年のリーグ戦の味の素スタジアムで4-1でリードしていた試合をひっくり返されたことから2007年の等々力でのリーグ戦を前に“多摩川クラシコ”として盛り上げていきましょうとFC東京側に持ちかけたことだと記憶している。
まあ“神奈川ダービー”は焦点がボヤけてしまっているし、2007年は横浜ダービーが存在した時でもあり、また東京側としても東京VがJ2暮らしで東京ダービーが空白になっていたからそういう意味では思惑が一致したのかもしれない。
ただね、多摩川クラシコが勃発する前はFC東京にとっての目の敵は我がレッズだったハズ。“埼京戦”は黙っていても殺伐としたムードだったのに、なんか横取りされたみたいで腑に落ちないものがあった。
そりゃあ、ウチはそれぞれの試合にネタのようなテーマは設けていないし、ましてや正真正銘のダービーマッチであるさいたまダービーですら34分の1にすぎないと思っているから仕方のないところはあるだろう。でもレッズ戦とあればどこのチームでも黙っちゃいないのだから、こっちから言わせてもらえばどこが相手でも基本的に優劣をつけるのが難しいのである。
とにかくバチバチ感たっぷりのカードとなった今年の決勝は快晴の国立競技場で行われました。

~ヤマザキナビスコカップ決勝~
FC東京2-0川崎
【東】米本(22分)平山(59分)

立ち上がりから攻勢に出ていたのは川崎だったが、序盤のチャンスを決めきれない。すると22分にFC東京はニューヒーロー賞を受賞した米本のミドルシュート一発で先制する。レッズが優勝した時の達也といい、一昨年のG大阪の安田といい、ニューヒーロー賞は不思議な力を与えるのでしょうか?
早く追い付きたい川崎ではあったが、無冠のプレッシャーなのか思うように力を発揮できない。逆に59分にカウンターから平山のヘディングシュートでFC東京は貴重な追加点を挙げて勝利を大きく手繰り寄せる。
結局、FC東京が2-0で川崎を下し5年ぶり2度目のナビスコカップ制覇。今度は90分での完勝劇だけに喜びもひとしおだったのではないでしょうか。

余談ですけど、2-0が危険なスコアというのは日本だけなんだそうですね。ヨーロッパでは2-0になった時点で「勝った♪」と思わなければウソぐらいの勢いなんだとか。レッズもそんなチームになりたいものですが…。

とにかくFC東京の関係者の皆様、おめでとうございます。日曜日のリーグ戦はレッズが勝ちますので、とりあえず喜びにお浸りください(笑)
23:01 | Jリーグ2009
comment(4)     trackback(1)
| HOME | next