縦縞勢はあと一歩…~先週のPOG卒業馬~#1564

先週のPOG卒業馬は土日の京都に縦縞勢が出走しましたが、馬券圏内にはもう一歩届きませんでした。
土曜日の聖護院特別に出走した①ブルーモーリシャス。単勝6.5倍の4番人気で勝ち馬から0.3秒差の5着でした。走破タイムは1.47.4(良)
【ラップタイム】
12.3-11.5-11.8-12.6-12.7-11.9-11.0-11.3-12.0
【展開】
3角:13,11(10,8,7)14(2,5)(6,12)1(3,4)-9
4角:(13,11)7(10,8,14)(2,5,12)6(1,3,4)-9
《小牧太騎手のコメント》
好位に行くつもりだったが、今日に限ってゲートの中でガサガサしていて、出がもう一つだったのが…

せっかく内枠を引いたのに出遅れてしまい、スローペースもあって脚を余す結果となりました。上がり3ハロンは33.9秒と最速タイだっただけにもったいないレースでした。夏のクラス編成で500万下に降級すれば地力上位ですから、勝ちグセをつけて上を目指してほしいですね。

日曜日の牝馬限定の500万下に出走した⑩ラウリシルヴァ。単勝21.6倍の9番人気で勝ち馬から0.4秒差の4着と最近の成績からすると健闘しました。走破タイムは1.51.7(不良)
【ラップタイム】
12.2-11.0-12.7-12.3-12.5-12.2-12.3-13.0-13.1
【展開】
1角:(4,7)9,5,6-8,11,2,3(1,10)
2角:(4,7)9(5,6)-8,11-2(1,3)-10
3角:(4,7)9,8,6(3,5)11(1,2)-10
4角:4(7,9)8,3,1,6,2(5,11)10
《村田一誠騎手のコメント》
乗り難しい面がありますし、あまり急がせないレースを。前有利の馬場状態の中、よく詰めてきてくれました。

騎手のコメントとは裏腹にこのレースも前崩れだったんですけどね…(^^ゞ
一応、上がりは最速タイだったので、せっかく優先出走権も得たことだし東京でのレースを見てみたいものです。

今週は東京の青嵐賞をグリフィスが予定。
5月20日:栗坂(稍)59.7-44.7-29.7-14.8馬なり
23日:栗坂(不)55.0-40.0-25.9-12.7一杯
26日:栗CW(良)83.0-67.1-52.4-38.7-12.1一杯
(内5歳1000万メイショウラスター強めと6F併せでクビ差先着)
青嵐賞はフルゲートも登録も18頭なので除外の心配はありません。日曜日の坂路といい、水曜日のCWといい追い切りで動いているのは明るい材料。現在のところ騎手未定ですが期待したいところです。
※追記1:福永祐一騎手で出走確定。14頭立てになりました。

とにかく在厩組が少ないので夏場はまったり進行になりそうです。
23:40 | POG指名馬その後2009~2010
comment(0)     trackback(0)

 こんな週もあるさ…~先週のPOG卒業馬~#1543

先週のPOG卒業馬は日曜日に2頭が出走したもののまったくいいところがありませんでした。
京都の障害未勝利戦に出走した④ペルシステンテ。単勝51.3倍の9番人気で9着でした。走破タイムは勝ち馬から4.6秒差の3.20.1(良)
【展開】
2周1角:6(2,9)7(8,1,14)3-13-10-12=5-11-4
2周2角:(2,9,14)(8,1)7,3,10-12=5=11,4落13
2周3角:(6,14)-(2,1)-3-9,8-7,12,10,5=4落11
2周4角:6,14-(2,1)-3=8(9,10,5)(7,12)=4

展開を見ての通り、前に進んでいきませんでした(涙)
せめて「逃げバテ」とかならまだ望みもあるのですが、「後方まま」ではどうしようもないわけで、19日付で競走馬登録を抹消するそうです。ペルシステンテにはお疲れさまと声をかけたいですが、岡田調教師の“放置ぶり”には一ファンとして憤りを感じます。

こちらはヴィクトリアマイルに挑戦した⑯ムードインディゴ。単勝171.6倍の16番人気で勝ち馬から1.2秒差の18着と完敗でした。走破タイムは1.33.6(良)
【ラップタイム】
12.2-10.6-11.0-11.7-12.0-11.6-11.3-12.0
【展開】
3角:(1,12)-18-2,13(4,15)9(6,14,17)10-(8,11)16(3,7)5
4角:(1,12)18-2,13(4,15)(9,17)(6,14)11(8,10)(7,16)(3,5)
《上村洋行騎手のコメント》
ブエナビスタの近くで競馬をしましたが、追い出されたら一気に突き離されてしまいました。伸び負けした感じだし、展開の助けが欲しいタイプですね。

どうしても暮れの愛知杯で鼻出血を発症したことで目一杯の競馬ができない可能性はあるわけと思います。ただこう言ってはアレですけど、鞍上を見ても陣営の期待度は推して知るべしという感もなきにしもあらず…で、いくらなんでもブエナビスタをマークというのは戦法が間違っているかと(苦笑)
今後は続戦なのか一息入れるのかはわかりませんが、乗り替わった上で戦法にも工夫をしてほしいものです。

今週は2頭がスタンバイ。
土曜日の京都の聖護院特別に登録のあるブルーモーリシャス。
5月16日:栗坂(良)56.0-42.0-28.0-14.2馬なり
19日:栗坂(良)-----39.7-26.4-13.7一杯
(内6歳1600万リッターヴォルト馬なりと併せで0.1秒遅れ)
4Fはエラーになってますが、リッターヴォルトが53.8秒ですから推定でそれくらいなのでしょう。54秒を切るようならブルーモーリシャスなりに順調だと思われます。半弟のエーラゴーデオが日曜日に頑張ったので、今度は兄貴の威厳を見せてほしいものです。
※追記1:小牧太騎手で出走確定。14頭立てです。

日曜日の京都の牝馬限定戦に想定が入っているラウリシルヴァ。
5月12日:栗坂(重)54.2-39.8-26.7-13.3強め
16日:栗坂(良)56.7-41.2-27.6-14.0馬なり
19日:栗坂(良)54.9-40.1-26.8-13.6一杯
調教からは激変したようには思えませんが、想定を見ると7頭立ての模様。最終的にはもう少し頭数は増えるでしょうが、いずれにせよ少頭数になりそうで先に繋がるレースはしてほしいところです。
※追記2:村田一誠騎手で出走確定。11頭立てです。

さて5歳世代は8頭が現役ながらも在厩はヴィクトリアマイルを走ったばかりのムードインディゴのみ。
※追記3:グリフィスが帰厩しました。
4歳世代は7頭が現役ですが、在厩は今週予定の2頭と宝塚記念を目指すフォゲッタブルだけ。この先、少なくとも2週は古馬陣の出走はなさそうで、3歳世代の加入が待たれるところです。
12:28 | POG指名馬その後2009~2010
comment(0)     trackback(0)

 ミゼリコルデは準オープンにメドを立てるも…~先週のPOG卒業馬~#1526

先週のPOG卒業馬は2頭が出走しましたが着差的には悪くなかったものの、着順的には今一つでした。
土曜日の京都の高瀬川Sに出走した⑩ミゼリコルデ。単勝5.6倍の3番人気で勝ち馬から0.6秒差の8着に終わりました。走破タイムは1.24.3(稍重)
【ラップタイム】
12.0-11.0-11.8-12.2-12.2-11.8-12.7
【展開】
3角:3,8(7,14)1(5,9)15,2(4,16)(6,12)13,10,11
4角:3(8,7,14)(5,9)(4,15)1(2,6,12)(10,6,13,11)
《川田将雅騎手のコメント》
外へ出して行きたいところでゴチャついたのが痛かったです。最後は本当によく盛り返してくれました。

後ろからの競馬になってしまいましたが、最後はしっかり伸びて上がり3ハロンはメンバー中2番目。もう少し前で流れに乗れれば準オープンでもチャンスはありそうです。

日曜日の東京の1000万下に出走した②クリスマスキング。単勝20.5倍の7番人気で勝ち馬から0.5秒差の7着でした。走破タイムは1.37.9(良)
【ラップタイム】
12.6-10.9-11.4-12.2-12.4-12.3-12.5-13.1
【展開】
3角:14(3,5)-10(11,15)7(16,13)-12-(2,6)-8,9,1,4
4角:14(3,5)-(11,10)(7,5,13)16,12-(2,6)-8(1,9,4)
《三浦皇成騎手のコメント》
直線半ばからいい脚を使ってくれました。よく頑張っています。

着差こそ0.5秒差でしたが、勝ち負けに持ち込むにはノーチャンスでしたね。ただ1000万下にも徐々に慣れてきたのはプラス。500万勝ちの時のように先行できれば1000万下でもやれそうです。この後は放牧に出て500万下への降級待ちとのこと。血統的にまだまだこれからの馬ですし、勝ちグセをつけて1000万下に再挑戦してほしいですね。

今週はムードインディゴがヴィクトリアマイルに参戦。
5月6日:栗坂(良)53.6-38.9-25.4-12.7馬なり
9日:栗坂(良)60.5-43.2-28.7-13.7馬なり
11日:栗坂(稍)63.7-46.2-30.2-15.0馬なり
12日:栗坂(重)54.0-39.2-25.6-12.5馬なり
せっかくのGⅠ挑戦なのにまったくテンションが上がらないのはなんででしょう?(苦笑)
ただでさえ明らかに強い馬が2頭いるのに、ムードインディゴ自身に強く推せる材料も乏しいので、無欲で掲示板に載ることができれば…というのが正直なところです。
※追記1:上村洋行騎手で出走確定。

日曜日の障害未勝利戦に想定が入っているペルシステンテ。
5月2日:栗P(良)88.4-72.1-57.1-42.2-14.2馬なり
9日:栗P(良)74.8-58.3-42.1-13.4馬なり
12日:栗P(良)73.9-58.2-43.7-14.9馬なり
想定の段階では2分の1の確率で抽選対象なのだが、どうも岡田調教師の調整過程には疑問があるので、出資者がストレスを感じるのも無理はないかと…。いっそのこと除外になって、来週ビッシリと追ってくれた方が良さそうな気がします。
※追記2:南井大志騎手で出走確定。

短期放牧から戻ってきたラウリシルヴァ。
5月12日:栗坂(重)54.2-39.8-26.7-13.3強め
コーナー4回の競馬が向いていないようなので、芝でもダートでもいいのでコーナー2回の競馬で新味を出してほしいものです。

在厩組ではブルーモーリシャスが22日の京都の聖護院特別を予定。
フォゲッタブルは宝塚記念へ向けてプール調整中。
天皇賞で12着だったメインストリームは馬体調整で秋に目標を定めるそうです。

このカテゴリーもクラス再編による3歳馬の編入を心待ちにしております。3世代が揃えば戦力にも厚みが増しますからね。
12:56 | POG指名馬その後2009~2010
comment(0)     trackback(0)

 固め勝ちの目論見は幻に…~先週のPOG卒業馬~#1506

先週のPOG卒業馬は4頭が出走。上位人気に支持された馬が多く固め勝ちを期待していましたが、結果は残念なものとなってしまいました。
土曜日の京都の紫野特別に出走した⑧ブルーモーリシャス。単勝4.2倍の2番人気に支持されましたが勝ち馬から0.7秒差の5着でした。走破タイムは1.45.9(良)
【ラップタイム】
12.4-10.9-11.0-11.8-12.0-11.9-11.3-11.5-12.4
【展開】
3角:11-(2,10)3-(5,9)1,8,4(6,7)-12
4角:11(2,3)10,9,5(1,8)-4,6,12,7
《小牧太騎手のコメント》スタートは良かったけど、内の馬が速くてあのポジションになり、道中もインに入れられなかった。内目の枠ならもう少し違った結果になったと思うね。

コメント通りにもう少し前で競馬をしてほしかったですね。そのためにはテンのスピードが欲しいですね。血統的にはまだ上昇の余地があると思いますが、1000万下で勝ち負けになるのは秋になりそうな気がします。長い目で見守りたいですね。

土曜日の東京の最終レースに出走した⑮カラメルマキアート。単勝2.8倍の1番人気に支持されましたが勝ち馬から0.5秒差の5着でした。走破タイムは1.25.2(良)
【ラップタイム】
12.5-11.2-12.2-12.5-12.1-11.9-12.3
【展開】
3角:1,12(2,15)11,16(5,14)6(3,13)-(9,10)7-(4,8)
4角:1,12(2,11,15)16(5,14,13,10)(3,6)(9,7)-(4,8)
《福永祐一騎手のコメント》
休ませて馬は良くなっていたし、道中もいい感じでした。ただ最後は思ったほどの脚が使えなかった。

1000万下への昇級後はタメる競馬をしていましたが、今回は先行策。悪くない内容ではあったかと思いますが、そこは3ヶ月ぶりの影響があったのかもしれません。次には使った上積みを期待…と思っていのですが、レース後に下馬していたそうで診断の結果はなんと左前浅屈腱の不全断裂のために競走能力喪失で競走馬登録を抹消されました。これから良くなる血統だけに残念なかぎりです。

大一番の天皇賞に駒を進めた③フォゲッタブルと⑨メインストリーム。
③フォゲッタブルは単勝2.6倍の1番人気に支持されましたが勝ち馬から1.6秒差の6着と期待を裏切ってしまいました。走破タイムは3.17.3(良)
⑨メインストリームは単勝76.8倍の13番人気で勝ち馬から2.8秒差の12着でした。走破タイムは3.18.5(良)
【ラップタイム】
13.3-11.9-12.0-11.5-12.0-11.6-12.2-13.8-13.5-12.8-12.6-12.5-11.8-11.3-11.4-11.5
【展開】
1角:11,16(5,17)10-4,2-7,12,1,3(8,14)6(18,15,9)-13
2角:11,16(5,17)10,4-2,12,7(1,3)14(8,6)9(18,15)3
3角:11,16(5,17,4)10,12(2,3)7(1,6,14)8(15,9)18-13
4角:16(11,4)5(10,12)(2,7,3)17,14(8,6)(18,9)(13,1)15
《フォゲッタブル・内田博幸騎手のコメント》
スタートは良くなかったけど内枠だからすぐ挽回できたし、道中は勝ち馬を見ながらスムーズに運べた。ただ、勝負どころで相手が動くより先に動きたかったけど、そこで反応がなかったからね。いいレースができると期待していただけに残念。
《フォゲッタブル・池江泰郎調教師のコメント》
2周目の3コーナーでついて行けませんでしたね。いい感じだったのですが、間隔が開いていた影響だったのでしょうか…。でも、まだまだこれからの馬です。次は宝塚記念を使うことになると思います。
《メインストリーム・川田将雅騎手のコメント》
4角で不利を受けたのが全てです。そこで脚を痛めてしまいましたからね。

フォゲッタブルに関しては本当に危惧した通りになってしまいました。正直、デキは八分だと思っていましたが、あれほど走りのリズムが悪いとは思わなかったです。まあデキに不安を感じていても◎を打つのは、アントニオ猪木ではないけど「戦う前から負けることを考えるヤツがいるか、バカヤロー!」的なものがあるわけで、そこは仕方のないところ。とはいえ敗戦そのものに特に悲観はしていないし、ハーツクライだって春の天皇賞ではいいところがなかったけど秋には有馬記念でディープインパクトに土をつけたように、そうやって強くなればいいんですよ。
ところで、ボクが“八分のデキでも勝たなくてはいけない”という表現を好んで使うのは、エアグルーヴがエリザベス女王杯で3着に負けた時に伊藤雄二先生がそうい意識でレースを使ったことに賛同していたから。あの当時の相手関係を考えると「負けるハズがない」と思っていたし、ある意味、八分のデキで勝つのが理想だと個人的に思っているところがあるので、それは浦和レッズに対してもそうなのだが、別に高慢な態度ではなく悪いなりにも結果は残してほしいという思いがあるわけですね。
まあ今回の天皇賞に関していえば、なんで外を回すかな~という不満はありますよね。3番枠からなら“八分のデキ”だからこそインにこだわって欲しかったですね。内田博起用に対しては別に不満はないけれど、父も母もその武豊とのコンビ復活が待たれます。
次は宝塚記念ということですが、個人的には挑戦者であるからこそ目黒記念を使って勝ちグセをつけてほしいところです。やはり目黒記念で58kgをクリアして宝塚記念に向かうべきだと思うし、それに阪神の内回りに一抹の不安があるわけで、もういっそのこと欧州遠征に舵を切ってもいいんじゃないかと思っています。
一方のメインストリームは後方待機で自分の競馬に徹したものの、トーセンクラウンの斜行に巻き込まれて万事休す。まあスムーズに競馬ができても5着があれば上出来だったとは思いますが、結果はともかく「脚を痛めた」というのが気になります。その状況がどんなものかは現時点では把握していませんが、雰囲気的には秋に目標を切り替えなくてはいけないのかな~と思っています。長距離路線は2400~2600mにGⅢのレースがないですから、アルゼンチン共和国杯の前に札幌日経オープンぐらい勝ちたいと思うのですが、そこまでに痛めた脚が回復するのでしょうか?レース後は既に放牧に出ています。

さて今週は2頭が出走します。
土曜日の京都の高瀬川Sにはミゼリコルデが川田将雅騎手で出走確定。
4月28日:栗坂(不)53.5-39.0-26.4-13.8末強め
5月2日:栗坂(良)55.1-39.6-26.3-13.2馬なり
5日:栗坂(良)53.7-39.4-25.3-12.7一杯
中2週で坂路を3本なので稽古量は足りていると思います。京都のダート1400mはこぶし賞で強い勝ち方をしたコース。53kgですし昇級からでも期待したいものです。

日曜日の東京の1000万下のダート1600m戦にクリスマスキングが三浦皇成騎手で出走確定。
4月30日:栗坂(稍)57.8-41.8-27.2-13.2末強め
5月5日:栗坂(良)54.6-39.6-25.4-12.4一杯
(外3歳未勝利フタタビ叩一杯と併せで0.3秒先着)
前走時よりも坂路の時計はバランスが良くなっているので上積みはあると思います。その前走では極端に後ろからの競馬になりましたが終いはいい脚を使ったので、今回は中団ぐらいの競馬ができたらチャンスはあるんじゃないかと思います。

ヴィクトリアマイルへはムードインディゴが調整中。
5月6日:栗坂(良)53.6-38.9-25.4-12.7馬なり
確実に相手が強いので、その先につながる競馬ができれば…と思います。

U紙の想定には今週の想定に入っていたペルシステンテ。
5月2日:栗P(良)88.4-72.1-57.1-42.2-14.2馬なり
4月30日に栗東に戻ってきたので、そもそも5月9日のレースに出馬投票ができるのか?という疑問はあったのですが、どうやら来週の未勝利戦に向かうようです。

先日のポルトフィーノに続いて5歳勢が引退してしまい寂しくなりましたが、あと4週すれば3歳勢がこのカテゴリーに入ってきますから、2歳馬のドラフトと共に新戦力に期待したいところです。
21:37 | POG指名馬その後2009~2010
comment(0)     trackback(0)

 残念ながら見せ場なく…~先週のPOG卒業馬~#1482

先週のPOG卒業馬は2頭が出走しましたが、今一つの結果でした。
福島牝馬Sに出走した⑩ムードインディゴは単勝16.9倍の8番人気で勝ち馬から1.5秒差の14着と奮いませんでした。走破タイムは1.50.4(稍重)
【ラップタイム】
12.6-10.8-11.9-12.7-12.3-11.9-12.2-11.7-12.8
【展開】
1角:(2,15)-16-4(3,7)6(1,9)(5,8,10)(13,12)14,11
2角:(2,15)-16-4(3,7)(9,10)(1,6)(5,8)13(14,12)-11
3角:(2,15)-16(4,9)10(3,7,6,8)(1,13,12)(5,14,11)
4角:15(2,16)(4,9)(3,10)6(1,13,8)(7,12,11)(5,14)
《上村洋行騎手のコメント》
理想的な位置で運べたのですが、今日は休み明けの分ひと息でしたね。それにもっと広いコースの方がノビノビと走れると思います。

いかんせん鼻出血明けですからね。ここは処分を受けなければOKという感じだったのでしょうね。鞍上といいコースといい度外視していいとは思いますが、次のヴィクトリアマイルで一変するとも思えず…。間隔が詰まる次回で鼻出血が再発しなければ、ようやくその次で期待が持てるんじゃないかと思います。

日曜日の京都の最終レースに出走した⑭ラインオブナイトは単勝59.8倍の12番人気で勝ち馬から0.9秒差の9着でした。走破タイムは1.12.1(良)
【ラップタイム】
12.5-10.7-11.5-12.0-12.0-12.5
【展開】
3角:15-1,12,13,5(10,9,14)(7,11)(6,3)-2-4-8
4角:15-1,13(5,12)(9,14)10(6,11)(7,3)-(4,2)8

結局のところ1000万下では微妙にスピードが足りないのでしょうね。もう少し前で競馬ができるといいのですが…。
レース後は放牧に出ており降級を待つものと思われます。500万では一枚上でしょうから、勝って気分よく1000万に再チャレンジしてほしいものです。

さて今週は4頭が出走。
まずは大一番の天皇賞に挑む③フォゲッタブル。2枠3番と申し分のない枠を引いて内田博幸騎手で出走です。
2月16日:栗プール3周
17日:栗プール6周
18日:栗プール6周
23日:栗プール6周
24日:栗プール6周
25日:栗プール6周
3月2日:栗プール8周
3日:栗プール8周
4日:栗プール6周
9日:栗プール8周
10日:栗プール7周
11日:栗プール8周
16日:栗プール8周
17日:栗プール8周
18日:栗プール8周
23日:栗プール8周
24日:栗プール8周
25日:栗プール6周
31日:栗プール6周
4月1日:栗坂(良)60.3-43.7-29.3-15.0馬なり
4日:栗坂(良)57.2-41.0-26.7-13.6馬なり
8日:栗坂(良)53.6-39.0-26.2-13.4馬なり
11日:栗坂(良)56.3-41.1-27.1-13.5馬なり
14日:栗P(良)79.4-63.2-49.0-36.4-12.4馬なり
(外6歳1600万ニュービギニング一杯を6Fで0.5秒追走5F併せで併入)
18日:栗P(良)54.9-38.7-12.8馬なり
21日:栗P(良)79.7-63.7-49.5-36.7-12.3叩一杯
(内6歳1000万ニュービギニング馬なりを6Fで0.8秒追走4F併せで併入)
25日:栗P(良)53.9-38.7-11.8馬なり
28日:栗P(良)80.2-65.4-51.6-38.4-12.2末強め
(4歳1000万リアルプリンス一杯を6Fで1.3秒追走4F併せで0.3秒先着)
正直なところ、最終追い切りの時計は「これがCWなら大威張りなんだけど…」という感じ。疲れが抜けてないのでは?という指摘はごもっともだと思います。負けるならば使い詰めの反動だと思います。それだけに半信半疑ならばところはあります。だけどその一方でこの組み合わせなら八分のデキでも勝たなくてはいけないと思う自分がいるのもまた事実。不安要素がないわけではないですが、応援する方も引く気はありません(笑)

天皇賞にはもう1頭、⑨メインストリームも5枠9番と可もなく不可もない枠を引いて川田将雅騎手で出走です。
4月14日:栗プール4周
15日:栗プール2周
18日:栗坂(良)62.8-45.1-29.4-14.3馬なり
20日:栗坂(稍)63.5-45.5-29.0-14.1馬なり
22日:栗坂(重)60.9-43.7-27.9-13.4馬なり
25日:栗CW(稍)71.8-55.8-39.3-13.5馬なり
(内3歳未勝利ビジュアルショック馬なりに5Fで1.0秒先行3F併せで併入)
(中3歳OPエアウルフ馬なりに5Fで0.5秒先行3F併せで併入)
27日:栗坂(稍)68.5-49.3-31.5-14.7馬なり
28日:栗CW(不)69.8-54.5-39.9-11.9馬なり
(中3歳OPルーラーシップ馬なりを5Fで0.3秒追走1F併せでクビ差先着)
(外3歳OPエアウルフ直強めを5Fで0.9秒追走1F併せで0.1秒先着)
30日:栗坂(稍)59.0-42.8----------馬なり
GⅠの晴舞台に応援馬が2頭出走するのは幸せなことです。前走の大阪―ハンブルクCでは1番人気に支持されたことで自分から前を捕まえに行く競馬になりましたが、1000万下も準オープンも1番人気ではなかったですから、行き掛かり上、自分の競馬ができなかったと言えそうです。今回は間違いなく人気は落ちますから末脚に賭ける自分の競馬はできそうです。58kgが不安ではありますが、ハンデ戦ならフォゲッタブルを食っても不思議はないデキにはあるので、さすがに勝つまではどうかと思いますが、3着ぐらいなら届いて不思議はないと思います。

土曜日の紫野特別には⑧ブルーモーリシャスが小牧太騎手で出走します。6枠8番です。
4月25日:栗坂(稍)55.8-41.6-27.8-14.2馬なり
28日:栗坂(不)53.1-39.5-26.4-13.5一杯
(内6歳1000万トップオブザロック一杯と併せで0.5秒先着)
坂路で動くタイプではないので、53.1秒ならこの馬としては上々の時計だと思います。前の馬にマイペースに持ち込まれると今の京都では厳しくなるかもしれませんが、そこそこ前の方につけられればチャンスはあると思います。

土曜日の東京の最終レースには⑮カラメルマキアートが福永祐一騎手とのコンビで出走です。8枠15番です。
4月18日:栗坂(良)62.5-45.4-29.8-----馬なり
20日:栗坂(稍)61.6-44.6-29.3-14.8馬なり
21日:栗坂(稍)52.5-37.9------12.1馬なり
25日:栗坂(稍)51.6---------------馬なり
28日:栗坂(不)53.1-37.6-24.0-11.9一杯
休み明けながら速いところを3本消化しており態勢は整っているようです。だいぶ差す競馬も板についてきたので、中団ぐらいからならアッサリもあるかと思います。

立夏Sに登録のあったミゼリコルデでしたが非当選除外となりました。
4月28日:栗坂(不)53.5-39.0-26.4-13.8末強め
中1週でも元気一杯ですが、2月に中1週で使った時が今一つでしたから、逆に除外は良かったのかもしれません。次はどこを使うか未定ですが準オープンでもやれそうな印象です。

天皇賞は楽しみですが1000万下を走る縦縞の両馬にも期待しています。いい結果を得られますように。
12:11 | POG指名馬その後2009~2010
comment(0)     trackback(0)
| HOME | next