結局は狙いすぎの布陣だったということ…~2008―20009シーズンPOG始末記~#593

2008~2009年度のPOGも終了しました。正直、不本意な成績ではありますが結果をまとめておかないとスッキリとドラフトに入れないので懺悔だけは済ましておこうという次第。
・1位指名馬:フォゲッタブル(牡・栗東/池江朗)【1-0-0-3】
この血統は自分にとってドラフトの順位を超越した存在なので結果についてとやかく言うつもりはない。
血統的に本当に良くなるのは古馬になってからであろうからじっくり育てる方針は好感。ただプール調整が多すぎるきらいはあってちょっと大事にしすぎたかな、と。
某掲示板には「ダンスインザダークだから走らない」なんて批判めいた意見が当たり前のように罷り通っていたけれどそういう次元の馬ではないし、自分自身こうやってPOGに参加してはいるけれど、WINSで3歳戦のレース直後に「よっしゃ、1000ポイント!」とか言っている20代前半とおぼしき兄ちゃんを見かけたことがあるのだが、ポイント至上主義というのは文化としての競馬をみた場合によろしくないし、またそれとは別にエアグルーヴと共に戦った経験のない若い世代にブーブー言われたくはない。
とにかく長い目で温かく見守りたい馬であるが、それにしてもぶっぽうそう特別は…(ゴニョゴニョ)
どんなに叩かれても、どんなに不調でもこの血統が栗東に入ってクラシックが終わるまでは武豊でお願いしたいものである。
・2位指名馬:ブルーモーリシャス(牡・栗東/橋口)【1-3-0-5】
とりあえず我が指名馬の最多出走馬となるが、この血統で1400mから使いだしたのには正直言って失望した。この週の新馬戦の社台RH勢による振り分けの結果によるものだとは思うが橋口調教師には珍しいミスチョイスのような気がする。
確かに使いつつの血統なんだけど、スピードをつけるために1400mから使いだしたことが逆に「2400mでは長い」というジャッジをデムーロ、武豊から受けた原因かと思えるのだが5月9日の京都で2着になって500万脱出にメド。ひと夏越しての成長に期待したいものです。
・3位指名馬:フローズンダイキリ(牝・栗東/友道)【0-1-1-0】
前年度のムードインディゴが頑張ってくれたことにより友道厩舎&金子オーナーという組み合わせで指名するも、体質が弱いようでわずか2戦しかできず。戦った相手からは弱い馬ではないので態勢さえ整えば少なくとも1000万下まではいける馬だと思うが…。
・4位指名馬:クリスマスツリーの2006/未出走
ドラフト直後ぐらいの時期に骨折が判明。傷が癒えて年末には乗り込めるようになったそうだが、3月の時点で山元TCでの調整では残念ながら“戦力”にはならず。ケガの影響があったとはいえ期間内に馬名登録されなかっただけに、早いうちに馬名登録されるというのは大事なのかもしれないですね。
・5位指名馬:ペルシステンテ(牡・栗東/岡田)【0-0-0-1】
我が陣営のカワイソウな面々その1。血統的にも個人的に思い入れの深いダイナビーム一族であるのもさることながら、前評判の高かったシェーンヴァルトの裏を突く岡田厩舎のジャングルポケット産駒狙いの意図もあったのだが、環境の変化に戸惑って入退厩を繰り返した挙げ句に条件不向きなダート1200mの新馬戦を使ったのみ。ちなみにこの一族、芝の2000mでよく穴馬券に絡む。夏の札幌開催で復帰のようなので財布が潤うことをアシストしてほしい。
・6位指名馬:ワイルドベリー(牝・栗東/河内)【0-0-0-2】
前年度に指名したラヴファンタジスタの半妹でリベンジの指名であったが、新馬戦4着の後に骨膜が見つかって休養に。5月17日の京都で復帰するもいいところなく10着に…。でも稽古では動いているのでこの後も忘れずに。これから走る血統でもありますから。
さっそく6月7日の中京の2000mの未勝利戦にエントリー。鞍上が太宰なので馬券的妙味もありそうです。
・7位指名馬:シンフォニーライツ(牝・美浦/斎藤誠)【1-0-4-2】
ゴスホークケンとサンツェッペリンで結果を残した斎藤誠厩舎からの指名を考えて外国産馬のこの馬に白羽の矢を立てたが、予想外の函館デビューの情報に結果的に振り回されることに…。
函館デビュー以来3着→4着→3着→3着の後の福島でようやく勝ち上がるも6ヶ月の休養に泣く。
4月下旬にようやく美浦に戻ってきて新潟のはやぶさ賞で3着になるもそこまででした。
・8位指名馬:ワンデスティニー(牝・栗東/松田博)未出走
我が陣営のカワイソウな面々その2。エガオヲミセテ、オレハマッテルゼの半弟にあたるトゥリオンファーレが評判になっていたのでその裏をかくかのように母がエガオヲミセテ、オレハマッテルゼの全妹のチェルビムの初仔を隠し玉に狙ったところ見事なまでの不発弾(涙)
この一族からキタサンアミーゴがまずまずの成績を残しているだけに狙いは悪くなかったハズなのだが…。
なにが質が悪いって半妹の2歳馬(父アルカセット)が母系のプロフィールで各種POG本で評判になっているのが…。この馬の指名理由はまさにそこにあったのに(涙)しかもこの2歳馬、既に美浦に入厩して時計も出しているのだとか。果たしてお姉さんはデビューできるのでしょうか?
・9位指名馬:ライドザウインド(牡・美浦/大久保)【0-1-2-1】
11月の東京デビューから3着→2着→3着と好走を続けていたが4戦目に故障を発症して無念の競走能力喪失で戦線離脱。正直、この馬のアクシデントが一番心が折れた出来事。
その後、同厩のシンボリクリスエス産駒であるサンカルロがクロッカスS→ニュージーランドトロフィーと勝ったことで大久保洋厩舎のシンボリクリスエス違いとなったことが痛恨。
・10位指名馬:ラインオブナイト(牡・栗東/庄野)【2-1-0-1】
目黒記念のホクトスルタンの勝利を見て庄野厩舎からの指名をしたくなってチョイスしたのがこの馬。バトルライン産駒であったので過度の期待はなかったのだがデビューからダートで2着→1着→1着と思わぬ快進撃。ただトータルで4戦しかできなかったのは痛かった。
しかし数少ない我が陣営の見せ場を作ってくれたので敢闘賞はあげたいところです。
・11位指名馬:ヴァルハラ(牡・栗東/松田博)【0-0-0-2】
我が陣営のカワイソウな面々その3。なにしろ松田博厩舎のサンデーレーシング所属でスペシャルウィーク産駒というどこかで聞いたようなプロフィールを背負って皐月賞も終わった4月の京都でデビューして雨に泣かされ12着。さらに折り返しの未勝利戦で7分の6という抽選で除外になるなんてもはやネタの域まで到達した感が…。
半兄のエトワールブランもデビューは3月の阪神だったことを思うとリングレットの仔は体質が弱いのかもしれませんね。
・12位指名馬:ラウリシルヴァ(牝・栗東/鮫島)【1-0-0-3】
前年度は新馬戦で【6-1-0-8】と素晴らしい成績だった我が陣営だったが、今年度は【1-3-2-6】とかなり平凡な成績に終わりました。そんな中にあって唯一の新馬戦での勝利を飾ったのがこのラウリシルヴァ。実に貴重な1勝でしたがその後は鳴かず飛ばず…。ひと夏越えての成長に期待です。
・13位指名馬:アサクサアドリア(牝・美浦/佐々木)【0-0-0-4】
この馬こそ狙いすぎの極致だった存在。今までにこれといった活躍馬を輩出していなかった千葉サラブレッドセールから当たりを引いてやろうと、思い出深いムーンライトタンゴの半妹であるこの馬を指名したが豪快に空振り。それだけならまだしもその千葉サラブレッドセールから桜花賞まで駒を進めたカツヨトワイニングが飛び出しただけに目の付けどころまではよかったのだが…。
それにしても実質5ヶ月ぶりのレースでタイムオーバーを食らうとは思わなかった。この馬で『単勝万馬券を当てたい』というコンセプトは持っていたのだが、ちょっと無謀だったようです(笑)
なお6月1日付で中央登録を抹消されました。抹消事由は現時点では把握していませんがおそらく乗馬ではないかと思います。
・14位指名馬:ディナルアルプス(牝・美浦/栗田)【1-0-1-3】
シンフォニーライツの函館デビューの情報に、もし競合して獲れなかったケースを想定してデビューの早そうな馬を急遽リストアップして引っ掛かったのがこの馬。しかし追い切り2本だけで函館の新馬戦を使って大敗してから8ヶ月休養と即戦力としては全く機能せず(痛)
2月の東京で復帰後は3着→4着→5着とそこそこの競馬をした後に5月23日の東京で未勝利を脱出。最後に勝ってくれたのはよかったです。
中1週で6日の東京の500万下の牝馬限定戦に引き続き内田博で出走です。前回があまりにも楽でしたのでどうかという面はありますが、未勝利戦はずっと牡馬相手でしたから牝馬限定ならという手応えはあります。ちなみにこのレースでは大井から去年のサポーターズクラブの指名馬であったフォーチュンガールが出走します。これで4回連続で中央での出走になりますが前走は牡馬に混じって0.4秒差の5着ですからこちらもチャンスはありそうです。内田博&戸崎コンビで東京ダービーのリベンジなんていかがでしょうか?(笑)
・15位指名馬:チキータマダム(牝・美浦/斎藤誠)【0-0-0-8】
この馬もシンフォニーライツの情報に踊らされた1頭。“補欠”の予定がこの馬まで入ってしまった。決してこの馬に罪はないが斎藤誠厩舎を高く評価しすぎていたことを痛感したという点ではこの馬を指名した意味もあったかと…(苦笑)
5月の2戦は結果こそ両方6着でしたが未勝利脱出へメドの立つ走りだったのはよかったです。

今シーズンは結局【7-6-8-35】という成績に終わりました。前年度が【11-6-11-37】だったので明らかなダウン、出走数が65→56と減ったのが痛かった。勝ち鞍が4つも減ったのは数を使えていないことにも起因しているのだろうし、新馬戦での落ち込みがそのまま結果に反映しているようです。別に未勝利戦でも勝てば問題はないんですけどね。
それと重賞至上主義ではないけれど、重賞に登録すらなかったのは見せ場の一つも作れなかったという点で不本意な結果でした。
だからといって来シーズンは重賞にはこだわりません。とにかく万遍無くどの順位からも勝ち馬を出すことを目標にするつもりです。末文にはなりましたが、ボクの何気ない一言を拾ってPOG内対戦表を作っていただいたチョルモンさんには感謝いたします。その対戦表によれば前年度が25勝28敗で、今年度が29勝32敗と2年続けて3つの負け越し。苦手チームのどちらかをなんとかしておけば5割だったかと思うと、次のシーズンでは苦手を解消して3年間トータルで5割になるようにしたいですね。
2008―2009シーズンは終了しましたが、2007―2008シーズンの指名馬ともども引き続き応援していきます。3歳以上の面々はさすがにレースのたびに全馬の記事をアップするワケにはいきませんが、好走した後にはそういうエントリーもあげていこうと思います。
では参加された皆様、今シーズンはお疲れさまでした。次のシーズンもよろしくお願いします。
17:26 | POG2008-2009
comment(14)     trackback(0)

 ブルーモーリシャスは最終戦を飾れず…~30日・中京6R~#591

今シーズンのPOG大会における我が陣営のラストの出走となったのは中京の500万下でのブルーモーリシャスでした。単勝10.7倍の5番人気で勝ち馬から0.6秒差の6着とこんなものかな~という結果に終わりました。走破タイムは1.48.3(良)
【ラップタイム】
12.6-11.1-12.7-12.4-12.0-11.9-11.8-11.6-11.6
【展開】
1角:6,14,16(8,9)(1,11)7(10,12)3(2,5,13)15-4
2角:6,14(8,16)9(1,11)7,12(3,10)(2,5,13)(4,15)
3角:6,14(8,16)(9,1)(3,11)(5,7,12)(2,10)13-(4,15)
4角:6,14(16,1)(8,9)(3,11)(5,7,12)(2,10,13)-(4,15)
《幸騎手のコメント》3~4角で内目から外に出して上がって行けたのですが、右にモタれる面があり左回りでも外にモタれていて無駄に力を使ってしまいました。

前走で500万下で2着だったのに5番人気に甘んじていたのはその前回のメンバーレベルがアレだったからだろうか?
3~4角で押し上げていきながら伸びきれなかったのは、幸騎手のコメントにもあるようにモタれていた面もあるのだろうか?去年11月のデビュー以来コンスタントに使われてきていたので、ここで一息入れて秋に成長したところを見せてほしいものです。血統的にはまだ奥行きがあるハズだから。
ドラフトに向けてはほぼ大筋で指名候補は固まったもののその並びに頭を悩ませる。だって通常のドラフトならSS系の種牡馬の産駒もしくは母の父がSSの馬から黙って並べていけばOKなのに、ウチのドラフトはSSの関与していない馬から消えていくんだもの(笑)だから普通なら穴馬的なレベルの馬を取られたくないという意識は強いし、むしろSSの関与している馬の方がサバサバしている感も…。まあその結末は10日後のお楽しみということで。
10:40 | POG2008-2009
comment(0)     trackback(0)

 このメンバーで勝ち上がれれば…~30日・中京6R~#573

我がPOG指名馬の2008―2009シーズンの最終戦は中京の地でブルーモーリシャスが務めます。仮にブルーモーリシャスがここを勝っても順位に何一つ影響はないので消化試合もいいところ。裏ドラに期待してリーチをかけたものの、乗ったところでどうにもならないから裏ドラはいらないというようなものである(笑)
◎①ブルーモーリシャス
○⑪ファミリズム
▲⑧ナリタクリスタル
△⑭ドリームライナー
△②コスモタイムマシン

馬連①→⑪⑧⑭②

ブルーモーリシャス自身の状態は悪くはないと思います。とにかく稽古で走らないこの馬が坂路で54.3秒なんて時計を出すのだから。まあ坂路が走りやすいコンディションだったという話もあるが、それでも馬場状態に関係なく55秒台でしか走れなかったのだから進歩である。併せた相手も1000万クラスで人気になるような馬だから遅れ自体は気にしなくて良さそうです。インの3~4番手を上手く立ち回ってほしいものです。
○は坂路で好時計の⑪ファミリズム。京都2歳Sの2着を思えば意外なほどモタついているが実績はこのメンバーなら最右翼。
▲は人気の⑧ナリタクリスタル。安定した成績を残しておりこの馬もチャンスは近そう。
△にDWの追い切りがなかなかの内容だった⑭ドリームライナーと、なぜかブルーモーリシャスはここまでに2度もゾロ目に絡んでいるので同じ白い帽子の②コスモタイムマシンを。
終わり良ければなんとやらなので、良い結果を期待しています。
12:45 | POG2008-2009
comment(4)     trackback(0)

 ディナルアルプスが初勝利~5月23・24日のPOG戦線より~#570

先週は大挙して6頭も出走した我がPOG指名馬。この振り返りが来週に予定している15頭の総括と変わらないんじゃないかという気もするが、まあそれはそれ、これはこれと言うことで…(^^ゞ

まず先陣を切った23日の新潟1Rのアサクサアドリア。これはかなり悲惨な結果に…。
【ラップタイム】
12.9-11.5-13.5-13.4-12.3-12.2-13.5-13.0-13.8
【展開】
1角:6,10(8,11)7(5,12)-(3,9)1-(2,4,13)14
2角:6,10(8,11)7(5,12)-(3,9)(1,13)(2,4)14
3角:6(10,11)(7,5,12)-9-(8,1)13(3,14)-2-4
4角:6(7,11,12)(10,5)-9-(1,13)-(3,14)-8,2-4
果敢に先行集団に取りつくも向正面で逆噴射(滝汗)一応、完走するが勝ち馬から6.8秒差の2.02.9(良)ではいくら単勝288.9倍の最低人気とはいえ何も言えない…。おそらく『わくわくドキドキPOG』のワースト記録なんじゃなかろうか?

23日の東京の6Rに出走したディナルアルプス。こちらは単勝1.9倍の支持に応えて1.23.1(良)で鮮やかな逃げ切り勝ち♪
【ラップタイム】
12.6-11.3-12.2-12.4-11.7-11.2-11.7
【展開】
3角:4,5(3,13,15)(6,14)(10,18)-2(11,16)12,9(8,17)-(1,7)
4角:4,5(3,13,15)6(10,14,18)(2,16)(11,12)(8,17)9,1-7
《内田博騎手のコメント》
今日は順当勝ちですね。スタートが速かったし、道中も自分のリズムで運べましたからね。まだ子供っぽい面があるので良化の余地がありますね。

とにかく勝ってくれて一安心。この週の最低限の結果は出せたと思っていたら本当に“最低限”になるとは思わなかったが(苦笑)まだ上が見込めるというので引き続き期待したいです。
24日の東京の4Rに出走したのがチキータマダム。単勝62.9倍の11番人気ながら勝ち馬から0.3秒差の6着と惜しい内容でした。走破タイムは1.36.3(良)
【ラップタイム】
12.7-11.0-12.0-12.4-12.6-11.8-11.5-12.0
【展開】
3角:(3,9)(7,11,14)(6,13,18)(2,8,10)16(12,1)17(5,4)15
4角:(3,9)(7,11,14)(6,13,18)(2,10)(12,8,16)(5,1,17)(4,15)
《岩田騎手のコメント》
スタート自体はポンと出たが、脚をタメて行きました。前が開いてからもいい脚で伸びていますが、結果的に前の競馬でしたからね。でも、いい決め手があるし、チャンスは近いですよ。
2回続けて6着ではあったが0.8秒差→0.3秒差と着差は詰めており成長が感じられるのはいいことです。惜しむらくは掲示板に載っていれば優先出走権が確保できたのだが…。別にPOG的な5着の50ポイントなんてどうでもいいんですよ。適鞍を使える権利の方がはるかに大事なのだから。欲をいえばもう少し体が増えて、坂路の時計が詰まればいいのですが。上がりの34.5秒はメンバー中最速、なんとか未勝利勝ちは果たしてほしいものです。

24日の中京の5Rに出走したヴァルハラは単勝30.8倍の9番人気で勝ち馬とは1.4秒差の11着でした。走破タイムは1.48.2(良)
【ラップタイム】
12.3-10.5-12.2-12.4-12.1-12.0-11.8-11.7-11.8
【展開】
1角:(4,14)1,15-(6,13)(5,8,16)7(2,12)(3,10)-11-9
2角:(4,14)1,15-(6,13)16(5,8)-7,12,2(3,10)-11,9
3角:(4,14)1,15(8,13)7(16,9)(12,10)6-(2,11,3)-5
4角:(4,14)(1,15)7(8,13,9)(12,16,10)(2,11)6,3=5
なんとなくですけど、レースに対してのスイッチがまだ入っていない感じですね。それに今回は時計も速かったようです。阪神の外回りで変わってほしいものですがどうでしょうか?

24日の東京の6Rに出走したシンフォニーライツは単勝4.4倍の3番人気と支持を集めましたが、激しい先行争いに巻き込まれて勝ち馬から1.8秒差の6着に敗れました。走破タイムは1.19.7(良)
【ラップタイム】
7.0-10.8-11.2-11.9-12.1-12.0-12.9
【展開】
3角:1(3,5)12,2(10,14)(6,7,13)(11,15)16-9-8
4角:1(3,5)12,2,10,6(7,14)13,11,16,15,9-8
《斎藤誠調教師のコメント》
他の馬を気にするところがある馬。今日は両サイドからこられて厳しい形になってしまって…。それに本質的に1300mも少し長いからね。

中央場所だとメンバー的に厳しくなるのかもしれません。1300mでも長いような気は薄々はしていたけれど、こうやって調教師にコメントされるとチョット…(苦笑)
未勝利勝ちをした福島の1150mやその先の新潟なら古馬相手でもやってくれると思います。

中京のぶっぽうそう特別に出走したフォゲッタブルは単勝3.3倍の2番人気でしたが勝ち馬から1.0秒差の6着と奮いませんでした。走破タイムは2.00.4(良)
【ラップタイム】
12.3-10.8-10.9-12.9-12.7-12.6-12.6-11.8-11.5-11.3
【展開】
1角:8(3,5)9,4(1,7)-2-6
2角:8(3,5,9)(1,4,7)-2=6
3角:8(3,5,9)(1,4,7)-2-6
4角:8(3,5,9)(4,7)1,2-6
《幸騎手のコメント》
流れに乗れて折り合いもついていたんですけどね。まだ少し緩い部分がありますし、これから良くなっていくんじゃないでしょうか。
率直に言ってガッカリな結果。あくまで私見ではありますがこの血統はせめて3歳春のこの時期までは武豊ありきでいてほしいです。決して幸がダメだとは言わないけど、スティルインラブでアドマイヤグルーヴの母子3代オークス制覇を阻んでいるだけに、流れに乗っていて失速というのはそういう因縁をDNAが感じ取っているんじゃないかと。
そこへいくとそのアドマイヤグルーヴの初仔は現状のままだと武豊は乗れない状況。決して岩田や川田が役不足とは思わないけど、個人的には武豊を希望なわけで、確執が取り沙汰されている武豊と近藤オーナーの間を誰か取り持ってくれませんかね~。
余談になりますがアドマイヤグルーヴの名前が公募によって決められたことは旧館のブログは書いたことがあるのですが、いつか近いタイミングでリライトしたいと思っています。

先週にまとめて出走したので最終週は弾切れムードなわけですが、今シーズンのラストの出走はブルーモーリシャスが務めることになりました。
24日:栗坂(良)55.6-41.1-27.1-13.3馬なり
27日:栗坂(良)54.3-39.9-26.9-13.9一杯
(外古馬1000万下アイアンキング一杯と併せて0.1秒遅れ)
遅れたとはいえ54秒台を記録したのはプラス材料。相手関係がどうかというところだがこれはまた明日にでも。
大会期間中の発走はなくなりましたが先々週の京都で復帰したワイルドベリー。次の出走では前進が見込めそうです。
27日:栗CW(良)82.4-65.9-51.0-37.7-12.4馬なり
(古馬500万メジロジーニー馬なりと6F併せで併入)
河内調教師自らが乗ってレースから10日後ながらも今なりでこの好時計。一応、6月6日の中京の牝馬限定戦を予定しているようですが優先出走権がないのでどうなことやら。

この世代のドラフトはフォゲッタブルへの執拗な牽制球を投じたことで自らのリズムを崩したようです。まあその裏にはエアグルーヴの産駒がいるうちは…という目的もあったので、強烈なイメージを植え付けるという点については成果を挙げられたと思っていますが、その分、穴っぽいところでスマートな勝ち方をしようとしたのが間違いだったようです。そのボヤキは15頭トータルの振り返りで。とにかく修正するポイントと己の意地を上手く配分して惚れ惚れするリストを作りたいです(笑)
15:53 | POG2008-2009
comment(3)     trackback(0)

 オークスの裏で躍動するフォゲッタブル~中京8R・ぶっぽうそう特別~#559

中京のぶっぽうそう特別には総大将の⑨フォゲッタブルが出陣です。
正直なところ、この血統にはどんな成績でも武豊とのコンビでレース選択をしてほしいところなのだが、まあ指揮官がそういうレース選択をするのなら仕方ない。
それにしてもメンバーを見渡せば武豊にこだわらず使いたくなるのもわかる組み合わせ。前走で掲示板に載っているのはフォゲッタブル(すみれS5着)とトップゾーン(500万下平場3着)とスイートマトルーフ(未勝利1着)しかいないのならばここなら大威張りといきたいところ。
枠順も揉まれない9番枠ならば外から被せられることもないし、中京2000mという舞台を考えるとダンスインザダーク産駒というのも結果オーライのような気がする。

◎⑨フォゲッタブル
○②トップゾーン
☆③カネトシコンジョオ
△④アドマイヤアゲイン
△⑤テーオーティアラ

というわけで⑨フォゲッタブルの相手は②トップゾーンでほぼ堅そうだ。
3連単⑨→②→③④⑤
これでいい結果を残してほしいものです。
13:54 | POG2008-2009
comment(0)     trackback(0)
| HOME | next