第131回中山大障害振り返り~勝ち馬・キングジョイ~#167

障害戦の暮れの大一番である中山大障害は2番人気の◎⑧キングジョイが障害戦では珍しいG前強襲を決めて悲願のGⅠ初制覇を飾る。勝ち時計は4.45.0(良)
【上がり1裡】
110.0-53.4-39.7-13.8
【展開】
一S前:2,14(10,16)9(1,4,11)(3,6,15,13)5,7,8,12
一2角:2-14,10,16,4(1,13)(9,15)5,6,7(3,11)8-12
大竹柵:2=10(14,16)13,1(6,4)(5,9)(8,15)3,7,12,落11
逆3角:10,14,16,2,13,4,5,8,6,1,9,7,15,12,落3
大生垣:2-10,16,14,13,8(6,4)7,12,5,15,9,1
2 角:2(10,14)13-8,6(16,7)12-(4,15)-9=(1,5)
向正面:2,14,10,13(8,7)6(12,9)16(15,4)-1-5
3 角:2,14(10,13)8,7,6,12-9-15,16,4=1=5
4 角:2-13(10,14)8-7,12=(9,15)=(16,4)=1=5,落6このレースのハイライトは大竹柵を飛越して逆回りに入ったところでの○②マルカラスカルのバカつき。単勝1.4倍の馬のやることではないとは思いつつもこればかりはレース前にはわからないこと。言われてみれば左回りの東京の経験がなくて、襷のある阪神で3着があるので少なからず左回りの部分は阪神あるのかもしれないが、春の中山グランドジャンプでは問題なかっただけに競馬の難しさを痛感。あれがなければせめて3着には残っているだろうに…。いろんな意味で5着は残念。
さて勝った◎⑧キングジョイはこれが3つ目の重賞勝ち。ここまではパンチに欠ける面があったがこの連勝で本格化ムード。春のグランドジャンプを考えると道悪になった時に不安が残るが良馬場なら信用していいだろう。
2着に▲⑬メルシーエイタイム。これで暮れの大障害は4年連続連対とコース巧者ぶりを発揮。来年も無事ならば力を発揮することでしょう。
3着に⑭テイエムトッパズレが健闘。今年はこの馬にこれで2度馬券で痛い目に遭った(1度目は9月の中山のオープン)今回は時計がかかったのが良かったのだろうが、障害の穴馬といえばテイエムトッパズレといっていいだろう。人気で買える馬ではないが、人気がないのなら常にマークはしておかないと。さすがに複勝33倍というレベルにはもうならないと思うが、ちょっとした波乱にはいつ絡んでもおかしくない。
そして4着の⑩スプリングゲントは伊達に障害6戦6勝の実績を残していないことを証明。順調なら9歳となる来年も無視はできない。
こうしてみると障害も層が厚くなったものである。来春の中山グランドジャンプが楽しみである。
23:27 | 踏み切ってジャンプ2008
comment(0)     trackback(0)

 第131回中山大障害~敵は本能寺~#159

土曜日の大一番は中山大障害。先行予想でポイントについてはあらかた述べているが、結論からいうと印を回したのは4頭のみ。
◎⑧キングジョイ
○②マルカラスカル
▲⑬メルシーエイタイム
△⑮テイエムエース
要するに去年の1~3着馬と今春の1~3着馬に(マルカラスカルとメルシーエイタイムは重複)にしか印をつけていないのである。
◎にはキングジョイを指名。これまで安定はしていた反面、勝ち切れていなかったが、前回の京都ハイジャンプを勝ってそれが払拭できたと判断。マルカラスカルの僚友の初戴冠に期待したい。
馬券は既に購入済みで
⑧→②→⑬
⑧→⑬→②
⑧→②→⑮
⑧→⑬→⑮
以上の3連単4点勝負!
いいレースになってほしいですね。
12:34 | 踏み切ってジャンプ2008
comment(2)     trackback(0)

 阪神4R・障害未勝利~2回目で大変身を~#158

中山では大一番の中山大障害が行われるが、その裏の阪神ではひっそりと未勝利戦が13頭立てで。
人気は初障害の④エイシンテンリュー。障害試験で96.5秒の時計を出して初戦からのムードだが、中山大障害があることもあって騎手が手薄。で、引っ張ってきた鞍上が浜野谷というあたりが少々微妙なところ。確かに障害試験の時計から即通用でもおかしくないがここは一枚割り引いておく。
◎に抜擢は⑥アンブレイカブル。初障害の前回は美浦→府中と2度の輸送があってこれは平地戦でも厳しいところ。1度障害を経験しての地元戦なら変わり身があってもいいだろう。
▲は③オースミマーシャル。この馬も初障害だが、障害試験の99.6秒は通用レベル。
△は経験だけは豊富な⑩アザンクールとこれは応援票で⑫スターダムを。
馬連⑥→④③⑩⑫
なんとか当たりますように。
10:59 | 踏み切ってジャンプ2008
comment(0)     trackback(0)

 阪神4R・障害未勝利~混戦を制するのは…~#141

日曜日の障害戦は阪神での未勝利戦。フルゲートの争いの中に初障害の馬は3頭。障害試験のタイムが即通用といえそうなのは99.7秒の⑨エメラルドワンだが陣営のコメントが弱く見送った方がよさそう。ここは経験馬の争いとみていいだろう。
年末年始は障害未勝利戦の数が少なくなることもあって、優先出走権(4週間以内の障害戦で5着以内)を行使してきた馬が多く混戦模様。◎には末脚が安定してきた⑥ショウリュウケンを指名する。障害のキャリアは既に5戦だが、3歳夏の戦績はノーカウントにすればこの秋の2戦と考えれば上積みは望めそうだ。幸いに人気もそこまでなさそうで絶好の狙い目だ。
○には①エーシンディーエス。初障害の前回をソコソコにまとめて障害戦2回目の上積みはありそう。エイシンサンサンの4兄妹が障害挑戦と話題になっているうちの1頭で、デキも良さそうである。
▲には⑭トーワヒヨシマルを。京都から阪神に替わるのがどうかだが、人気になりにくいタイプで馬券的に妙味はありそう。
△は阪神の方が良さそうな⑤ホープフルスターと堅実な⑦デンコウニンジャを。
馬連⑥→①⑭⑤⑦
なんとか当たってほしいものです。
08:24 | 踏み切ってジャンプ2008
comment(0)     trackback(0)

 中山4R・障害未勝利~初障害の刺客~#138

今日の障害戦は中山で未勝利戦が行われます。初障害の馬は3頭で人気の中心は関西馬の⑫グリューエント。2着続きの上に前回に中山を経験しており、人気になるのは異論がないが中1週で3度目の東上という強行軍がやはり気になるところ。▲に止めたい。
代わって◎に抜擢は初障害の⑥ヨシカツゾー。障害試験を106.0秒の好時計で一発合格。これなら通用があっていい。
◎⑥ヨシカツゾー
○⑭マイネルプログレス(末脚安定)
▲⑫グリューエント
△⑬アポロノサトリ(こちらも試験は好時計で合格)
△⑧モリノミヤコ(障害戦3度目で慣れを見込め)
鞍上の大庭は先週の未勝利戦でイン強襲という、障害戦ではなかなか見られない決まり手で勝利を収めており、その独特なセンスはハマったら鮮やかである。この人の場合、普段から人気のある馬には乗らないけど、まあ人気のないときほど期待できる騎手でもあるので、その点でも期待してみたい。
10:53 | 踏み切ってジャンプ2008
comment(0)     trackback(0)
| HOME | next