2009サポーターズクラブ総括#1100

先日の道営記念をもって門別開催も終了。今年は全日本2歳優駿に有力馬がいることもあって、まだまだ終わらないサポーターズクラブという雰囲気ですが、大方は次のステップに向かいつつあるということで今シーズンのまとめといたします。
まずは『わくわくドキドキPOG』の仲間内の最終順位を。

1st.temporalisさん:9-4-3-7
(船橋でビービーシェンロンが0-0-0-1)
2nd.ナルトーンさん:8-2-0-14
(番外編でマイシャローナが1-1-1-3)
3rd.けん♂さん:3-5-1-3
4th.チョルモンさん:3-4-1-10
(名古屋でプルトキャットが0-0-0-5)
5th.藤沢:3-3-1-4
(大井・船橋でショップインミラノ・プラネットバード・プリティストロングが2-0-0-1)
6th.花道さん:1-2-2-9
(笠松でコンコルドが0-0-0-1)
7th.よしおさん:1-0-2-18

12月16日の全日本2歳優駿でナンテカvsビッグバンの直接対決が残っているものの、ナルトーンさんのビッグバンが勝っても着度数で逆転することはないので“順位表”としてはこれで確定します。もちろん中身は甲乙つけがたいのでお互いの健闘はそれぞれに称えてください(笑)
まずはトップのtemporalisさん。指名した5頭が全馬、道営でデビューして鎌倉記念と平和賞を連勝したナンテカが出世頭。もちろん全日本2歳優駿でも主役の1頭です。
札幌のすずらん賞でアッと言わせたビービーエーディンは復帰が待たれます。
門別で全員の指名馬中最多の10戦を消化したコンボイは大井・小林分場の久保與造厩舎に移籍しました。

2位のナルトーンさんは重賞3勝のビッグバンが文句なしの稼ぎ頭。メモリラヴ・ゴーゴーアラシ・スーパーキャロルで4勝しているのも立派ですがそれぞれの移籍先までは把握できておりません。なお4頭で24回の出走は最多出走であります。
また『わくわくドキドキPOG』からの“刺客”のマイシャローナは無事に美浦の小桧山厩舎で競走馬登録されましたね。

3位は2着の差でけん♂さんが。全体で12回の出走は寂しいところでしたが、アントワープは既に中央の伊藤大厩舎へ移籍、サウンドウェーブも中央入りとのことで今後の活躍が楽しみなところです。

最終日のヴィルトファングの激走でチョルモンさんが4位に。ヴィルトファングとモエレスターレットしか走っていないながらも18回の出走回数はマズマズといったところでしょうか。モエレスターレットは大井の鈴木啓之厩舎へ移籍しております。

オリジナルメンバーでの参戦となった花道さんは14回の出走でした。唯一の勝ち上がりとなったパワーシフトは川崎の岩本洋厩舎に、道営では勝ち上がりもう一歩だった川崎の田邊陽一厩舎に移籍しています。道営で未出走だったダイナスティーは中央も未出走のまま、どうやら船橋に移籍するようです。

よしおさんは21回の出走がありましたが全体的には残念な結果に…。唯一の勝利を挙げたビービーアーチャーは大井の村上頼明厩舎に移籍して明日(12月1日)の大井の6Rに出走します。また、クリアーとスタートラインは笠松に移籍して先日は同じレースで走ってましたね。

我が指名馬はホッカイドウでは【3-3-1-4】と11回の出走はワースト記録ですね。その内の1つは盛岡だし純粋に門別を走ったのは10回で、これはコンボイ1頭と同じですね(^^ゞ

指名馬の近況はというと…
ボヘミアン⇒北海道2歳優駿の後は船橋の出川克己厩舎へとのことでしたが、まだ放牧に出ているようで南関東への移籍手続きは行われていないようです。北海道2歳優駿に出走したポップコーンやオノユウがさっさと南関東に籍をつけたのとは対照的ですね。年明けの中央の芝をという話ではあるのでそろそろ船橋へやってくるのではないでしょうか?

プリティストロング⇒9月22日のアタックチャレンジを勝った後は川崎の山崎厩舎に移籍して、転入初戦の龍珠特別は4着。この後は12月14日からの川崎開催へ。

ショップインミラノ⇒10月2日の大井の新馬戦を快勝した後は馬房で脚をぶつけるアクシデントがあり放牧に出たが11月10日に帰厩、26日には3Fから40.6秒という時計を出して12月4日の大井のみずどり特別を予定とのこと。

プラネットバード⇒10月22日の新馬戦を快勝した後は厩舎で調整中。19日に51.3-38.3秒を出してこちらも12月4日のみずどり特別に登録。みずどり特別には21頭の登録があるので抽選になりますが無事に突破してほしいものです。

ポルト⇒名前が決まって能力試験を受けたところから行方不明。サポーターズクラブの実行委員会には、こういう馬こそ近況を調べて教えてほしいのだが…。

さてサポーターズクラブ全体としての今年の印象はというと、まず道営で不出走だったのは86頭の2歳馬中14頭。これは去年が83頭中19頭が不出走でしたから少しは改善されています。勝ち負けはともかく参加するということについては楽しめる確率が上がったのは良かったと思います。
ただ、ホッカイドウ競馬が日本一早い新馬戦を看板としているのに札幌開催のフレッシュチャレンジが軒並み不成立になるなど、大半の馬が門別開催がかなり進んでからのデビューになったのは、ホッカイドウ競馬全体の問題であると思います。栄冠賞の前にウイナーズチャレンジが1鞍しか組まれなかったのは2歳戦全体の興味を削ぎかねないですからね。

来年のサポーターズクラブを楽しみにしているからこそより改善してほしいわけで、この声が届くといいな~と思っています。
21:37 | サポーターズクラブ2009
comment(4)     trackback(0)
| HOME | next