第46回新潟記念振り返り~勝ち馬・ナリタクリスタル~#1809

サマー2000シリーズ最終戦の新潟記念は5番人気の◎⑧ナリタクリスタルが3番手から抜け出して重賞初制覇。勝ち時計は1.58.4(良)
【ラップタイム】
12.9-11.4-11.9-12.0-12.4-12.1-11.4-11.1-11.0-12.2
【展開】
3角:(1,10)-(5,8)(7,9)(2,15)(6,11)13(3,4,14)16,12,17
4角:(1,10)-(5,8)(7,9)(2,15)(6,11)13(4,14)3(12,16)17

痛恨の2着抜けとなった予想がコレ

大逃げが持ち味の①テイエムプリキュアがまさかのタメ逃げで、道中は意外にも団子状態。◎⑧ナリタクリスタルはスッと3番手を確保して、この位置を取った幸騎手の判断が光った一戦だと思います。
厩舎の重賞初制覇というのは知りませんでしたが(むしろそれを知っていたら◎は打ってないかも)陣営がかなりの期間、武豊にこだわっていたというのは馬柱からもわかっていたので、こういうタイプの馬は今後も注目しておいた方がいいのかもしれません。
2着には⑥トウショウシロッコが飛び込んで波乱の立役者に。GⅢまでが守備範囲というこの馬の適性はわかっていたのだが…。人気落ちを理由に②ホワイトピルグリムに△を打ったなら、同じ理由で⑥トウショウシロッコにも印を打てましたね。小倉記念組で印が固まったのに嫌な予感を覚えていたのなら、なおさらですね。反省。
3着に△⑤サンライズベガ。道中は◎⑧ナリタクリスタルと同じ位置取りだったので「シメシメ」と思っていました(笑)内にこだわった分、窮屈になってしまったのかな~と感じました。
1番人気の○④スマートギアは6着。脚質のわりには展開に左右されないタイプですが、2番人気の③メイショウベルーガともども、難しい競馬になってしまいました。両馬とも巻き返しには気をつけておきたいですね。
23:53 | 中央競馬2010
comment(0)     trackback(0)
| HOME | next