大井10R・第34回東京2歳優駿牝馬~氏より育ち?~#2126

大晦日の大井に根付いた感のある東京2歳優駿牝馬です。全日本2歳優駿よりもこっちの方が価値がありそうなのは気のせいでしょうか?

①マツリバヤシ(牝2川崎・佐々木仁/53今野)
②オリークック(牝2小林・荒山/53坂井)
③ミラノボヴィッチ(牝2笠松・柳江仁/53濱口)
④コスモサンドリヨン(牝2川崎・河津/53金子)
⑤マンボビーン(牝2西脇・野田学/53松浦政)
⑥スクランブルエッグ(牝2船橋・出川龍/53服部)
⑦フロレアル(牝2船橋・岡林/53左海)
⑧クラーベセクレタ(牝2船橋・川島正行/53戸崎)
⑨リアンローズ(牝2大井・阪本一/53的場文)
⑩ナターレ(牝2川崎・内田/53山田信)
⑪チェリペタル(牝2大井・武智/53矢野)
⑫マルヒロプライティ(牝2船橋・玉井勝/53本多)
⑬ラカンパーナ(牝2大井・月岡/53石崎駿)
⑭ブレーヴスキー(牝2大井・宮浦/53ムンロ)
⑮カラカル(牝2園田・寺地/53五十嵐冬)
⑯プレアデスセヴン(牝2大井・栗田裕/53御神本)
◎①マツリバヤシ
○⑧クラーベセクレタ
▲⑬ラカンパーナ
△②オリークック
△⑥スクランブルエッグ
馬連①→⑧⑬②⑥

GRANDAME-JAPANシリーズに組み込まれたこともあって、兵庫から2頭、笠松から1頭の参戦があるのは華やかですね。
3戦3勝の⑬ラカンパーナが断然人気になっているものの、毎年のように道営出身組が良績を残しているならその流れに乗るのが正解だろうから⑬ラカンパーナは▲に回して◎は絶好枠を引いた①マツリバヤシに期待します。
○の⑧クラーベセクレタとどっちを上に取るか考えたけども、順調に使われている強みを支持したのと、エーデルワイス賞でマツリバヤシの方が先に来ている点で大一番での実績を評価しました。
△にはローレル賞勝ちの②オリークックと、相手なりに走れそうな⑥スクランブルエッグまで。
オッズほど⑬ラカンパーナが強いとは思えないので混戦に期待です。
16:28 | 地方競馬2010
comment(0)     trackback(0)
| HOME | next