都築引退に思う…#2183

28日の朝に『都築引退へ』という報道が出ていることをツイッターで知ったのだが、夕方にはオフィシャルから正式なリリースが発表されて、残念ながら都築の引退は現実のものとなってしまった。

都築に対して思っていることは湘南へのレンタルが発表になった時に書いたことと変わりない。
既に袂を分かったフィンケに対してあれこれ言うのがフェアではないのは承知の上だが、やっぱりフィンケが都築の選手生命を短くしたことは否めない。
別にフィンケの全てを否定するつもりはない。先日の韓国戦での萌の勝ち越しゴールはフィンケの指導の賜物だと思う。ただフィンケに感謝するのは“育成コーチ”という部分においてのみであって、やはりアジアを制したクラブの監督としての器ではなかったのだ。
将棋をやっていると、寄せの手筋では大駒を捨てて香車や桂馬、と金とかで詰ませるのが通で格好良く見えるわけだが、駒組みの時点で大駒を放出していたんじゃそりゃあ歪みも出てくるわけで、詰将棋ならいざ知らず“普通に将棋を指す”のであれば大駒は必要なわけですよ。

都築と対比される山岸の存在について触れることは避けられないのだが、別にボクは山岸が嫌いなわけではない。そして山岸がそこら辺のGKよりは優れていることは信じて疑わない。でも個人的なファーストチョイスは都築だった。残念ながら山岸は善人すぎるのだ。
最近、GKには顔芸が必要な気がするのだが、もちろん山岸にもドヤ顔という武器はある(笑)しかし都築は顔で恫喝できる、これは大きな武器だと思うのよね。そしつ都築には♪つっづきりょうた~ララララ~とチャントがあったことで、試合前にスタジアムの空気を作れるというアドバンテージもあった。
もちろんサッカーの質という点においても、まあフィンケのサッカー観ともかかわってくるのだけど、個人的にはピッチの端から端までパスで繋ぐのは反対だった。都築は正確なパントキックができたから、ハーフラインぐらいまでボールを運べたわけで、相手陣内で細かく期待していたのだが繋ぐサッカーを、フィンケの言うところのパスサッカーは自陣、それもGKからビルドアップするというものだったわけで、自陣でチンタラとパスをこねくり回していると、それは不必要なボールロストからピンチに繋がるリスクだけが増大するわけで、それが敵陣ならそのリスクの度合いも低いわけで、そういう観点からも都築>山岸というのが個人的な嗜好でもあったのです。

こうやって都築が現役引退という選択をした以上はケガの具合も思わしくなかったのだろうし、その意思は尊重しなくてはいけない。ただ残念がってばかりいても仕方ないので、もちろん山岸には今まで以上に頑張ってもらわなくてはいけないのだが、都築の闘魂は順大なり大谷なりに継いでもらってポジション奪取へ燃えてほしい。まずは手始めにゴールマウスの前で「暢久、サボるな!」とか「セル、太るな!」とか声を出すところから始めてほしいですね。

今でもなお都築には現役を続けてほしかったという気持ちはありますが、本当にお疲れさまでした。そんな時間もないかもしれませんが、とりあえずゆっくりしてください。
17:31 | 浦和レッズ2011
comment(2)     trackback(1)
| HOME | next