門別11R・グランシャリオ門別スプリント~戦績を紐とけば…~#2549

スーパースプリントシリーズの第5戦は門別1000mが舞台のグランシャリオ門別スプリントです。

①プリティゴールド(牝5道営・佐久間/54桑村)
②ミスティックダイヤ(牡6道営・大崎/56岩橋)
③トップオブボストン(牡6道営・佐久間/56佐々木国)
④サクラサクラサクラ(牝4道営・田中淳/54服部)
⑤カルパントラス(牝7道営・佐藤/54黒澤)
⑥スズカランクス(牡4道営・田中淳/56川島洋)
⑦フェルロッサー(牡8道営・佐藤/56馬渕)
⑧シシノテイオー(牡4道営・原/56坂下)
⑨アンペア(牝5道営・角川/54山口竜)
⑩パフォーマンス(牡3道営・田中正/53井上俊)
⑪サクラビジェイ(牡9道営・国信/56五十嵐冬)
⑫グレンチェック(牝5道営・堂山/54小嶋)

◎③トップオブボストン
○⑥スズカランクス
▲④サクラサクラサクラ
△⑩パフォーマンス
△①プリティゴールド
馬連③→⑥④⑩①

先週の園田の820m、名古屋の800mを見た後に、函館の1000mを予想したら「中央レベルなら差しが届くのでは?」なんて考えたりしたのだが、場所を問わずスプリント戦は前有利。1200mなら多少は差しも届くわけですが、前と後ろがゴッソリと入れ替わるのは中山でよほどのハイペースになった時ぐらい。やはり前に行ける馬を探すのが良さそうです。
門別では1000mのレースが多く行われていますが、大半は2歳戦か下級条件でA級になると短距離戦は1200mのようです。
以上のことから1000m経験と前に行けることを重視して◎は③トップオブボストンを指名。ダート1000mこそ【1-1-4-4】だが持ち時計の57.9秒は重馬場とはいえ頭一つ抜けており、コンスタントに59秒台を記録しているのは魅力。また中央1000万下でハナに行けるスピードをがあるので、転入2戦目+距離短縮での変わり身に期待します。
○は格上挑戦も1000m【3-1-1-0】の⑥スズカランクス。前々走のエトワール賞では重賞の壁に跳ね返されましたが、テンのスピードは通用するところは証明しました。1000mなら自らの土俵ですし巻き返しが望めそうです。
▲は1000mで【2-2-0-1】の④サクラサクラサクラ。札幌で59.1秒の持ち時計があり、こちらも距離短縮はプラス。
△には1000mは初めても北斗盃勝ちから根はスプリンターと言えそうな⑩パフォーマンスと、気持ち1000mは短いものの門別【3-0-0-1】で差し脚鋭い①プリティゴールドまで。
実績のある⑨アンペアと②ミスティックダイヤは持ち時計がないのが泣き所。波乱の可能性は十分にありそうです。
17:30 | 地方競馬2011
comment(0)     trackback(0)
| HOME | next