2月25日・26日の障害戦を振り返る#3136

・2月25日/阪神4R
1着 ▲④デンコウオクトパス 3.20.9
2着 ◎⑨ディアプリンシパル 4馬身2
3着 ○③メイショウルシェロ 3馬身1/2

【上り1哩】
106.7-52.0-39.2-13.3

阪神の未勝利戦は襷コースの手前から先頭を奪った2番人気の▲④デンコウオクトパスの押し切り勝ち。
戦前のコメントに「遠くから飛ぶのでアテにならない」と陣営からあったのにビビって▲に落とした自分の負けです(笑)
行き脚がついてからは楽だったような印象ですし、メンバーに恵まれた感がありながらも馬場を考えると時計は速いと思います。ただ乗り難しいイメージがあるわけで、オープンに昇級すると西谷のお手馬も結構いますからね。即通用とは言いにくい感じです。
1番人気の◎⑨ディアプリンシパルが2着。これは勝った相手を褒めるべきか。京都よりは阪神の方がいいタイプなのかもしれませんが、4戦して勝ち上がれなかっただけにそろそろ疑いの目を持った方がいいかもしれません。
3着に○③メイショウルシェロ。積極的な競馬をしたものの最後は平地力の差もあってここまで。この馬も組み合わせ一つでチャンスはありそうです。

・2月25日/中山4R
1着 …②コスモソユーズ 3.21.4
2着 ○⑪トウシンボルト アタマ
3着 ▲⑥ロックバルーン 1馬身1/4

【上り1哩】
112.9-53.4-39.5-13.7

中山の未勝利戦は1番人気の②コスモソユーズが競り勝って2戦目で未勝利を脱出。
初障害の前走で3着だったので「順当に良化」という判断が正解でしたね。前走のメンバーレベルが微妙だったのと展開を考えて印を回しませんでしたが、思っていたより前で競馬ができていたのが勝因でしょう。見た目の時計は遅いですが、馬場を考えると一概にレベルが低かったとは言い切れず、キャリアを考えると上積みの方が大きいかもしれません。
2着は後方から徐々にポジションを上げてきた○⑪トウシンボルト。障害戦への慣れもあるんでしょうね。脚質的に「次は確勝」とは言い切れませんが、メドは立ったとは言えそうです。
むしろ3着の▲⑥ロックバルーンの方が次に関しては強気になれそう。今回が初障害で、道中はずっと団子状態の先頭集団の中で最後まで奮闘しており上積みは大きそう。
◎に期待した⑧セイエイは平地力が足りない印象。あと、展開的にはバラけた方がいいのかもしれません。ただ、この日も人気が割れていたとはいえ6番人気と低評価。人気を考えるとまだまだ見限れないですね。
2番人気の△⑤ケミカルチェンジが5着。どちらかというと中山向きのようですが、勝ち切るにはもう一皮剥けないと…という感じです。

・2月26日/阪神4R
1着 ▲⑫スナークスペイン 3.32.9
2着 △②マンノレーシング 6馬身
3着 ○③アドマイヤテンクウ 1馬身1/4

【上り1哩】
106.4-50.9-38.3-12.5

日曜日のオープンは2番人気の▲⑫スナークスペインの逃げ切り。
オープンを経験した強みを遺憾なく発揮した印象です。単騎で行けたのもよかったようですが、迷いなく行けるという点では外枠の方がいいタイプなのかもしれません。オープンを勝ったので次の課題は相手強化と斤量増のどちらかになるでしょう。
5番人気の△②マンノレーシングが2着。内枠の利はあったにせよ62kgを背負ってだけに内容は評価できそうです。9歳馬でもあり、道中で息の入る阪神の方がいいようです。
1番人気の○③アドマイヤテンクウは3着まで。飛越があまり上手くないようです。初のオープン、初の阪神を考えると単勝1.8倍はやりすぎだったかもしれませんね。これで評価が下がるようなら見直しも必要でしょうけど、現状は人気先行タイプか。
◎に期待した④フサイチアソートは4着まで。前半の位置取りが後ろすぎた感じはありますが、使った上積みは感じられる内容でした。次ももう1回狙ってみたいですね。
23:13 | 踏み切ってジャンプ2012
comment(0)     trackback(0)
| HOME | next