2月18・19日の障害戦を振り返る#3123

・2月18日/東京4R・障害オープン
1着 ▲⑭アグネスラナップ 3.29.0
2着 …⑨ショウナンサミット 5馬身
3着 ◎③バイヨン クビ

【上り1哩】
106.1-52.4-39.5-13.2

東京のオープンは3番人気の▲⑭アグネスラナップが快勝。
中2週で-10kg、前回が中5週で+10kgだっただけに、間隔を詰めて絞れていたのがよかったようです。東京の3100mは2コーナーのカーブ部分からスタートするので外枠は不利になるがために大外枠の分、◎を打ち切れなかったのが前走で◎を打っていただけに悔やまれます。
問題は2着の⑨ショウナンサミット。
東京【0-0-1-5】というだけでも買いにくいのですが、レース前のコメントで「理想はハナ」とあって展開を考えると他にハナに行きそうな馬がいましたからね…。
直前の追い切りで北Cコースで5F66.8秒の時計は出ていましたが、1週前の時計が出ていなかったので順調度にも疑問符がつく感じで、この好走を説明するのは難しいですね。
◎に期待した③バイヨンが3着。追い比べで競り負けたのは62kgの分でしょうね。地力のあるところはアピールしたと言えそうです。
ハナを切った②ボンジュールヒカリが4着。3ヶ月ぶりの一戦でしたが、前走の未勝利戦では3.21.6(稍重)で勝ち上がっているだけに素質はありそうですね。現状では左回りの方がよさそうですが、ハナを切れそうな組み合わせなら一考の余地はありそうです?
○①リアルヴィクトリーは上がり最速の37.6秒をマークして5着。62kgを背負っていただけに悪くない内容だったと思います。阪神に替わるのは明らかにプラスなので、阪神スプリングジャンプに出走してくるようなら面白い存在になりそうです。
1番人気の△⑫サトノバロンは9着。外枠も嫌でしたし、個人的には中山向きだと判断していたので印を下げたのだけはよかったのですが…。これで多少なりとも人気が落ちるなら中山替わりで狙う手はありそうです。
今回の反省は、展望の段階で「別定SAは1勝馬のためのレース」と言っておきながら、枠順もあったのですが62kg組を重視したことですね。まあどっちにしてもショウナンサミットの激走だけはわかりませんが…(^^ゞ

・2月19日/京都4R
1着 ▲②マイネルファルケ 3.15.5
2着 ◎⑧ソークアップザサン 2馬身1/2
3着 …⑭タフ 5馬身

【上り1哩】
108.6-53.5-39.7-13.2

もしかすると個人的に今年の障害戦で一番の馬券になるかもしれませんね。▲―◎で馬連8750円なんで、ちょっとドヤ顔です(笑)
入障2戦目の▲②マイネルファルケが平地力にモノを言わせての逃げ切り。初障害の前々走が大差のシンガリ負けだったので手を出しにくいところはあったと思いますが、スンナリと行けたのが勝因でしょうね。オープンに上がっても単騎が望める組み合わせが欲しいところですが、なにしろ平地力があるだけに自分の展開に持ち込みやすい利点があるのは覚えておきたいですね。
ちょっとマユツバな話ですが、直近の調教で美浦の北Cコースで5Fを66秒台で走ると障害戦でいい馬券になっているみたいです。今回のマイネルファルケも直前の追い切りは北Cコースで66.0秒でした。
◎を打った⑧ソークアップザサンが2着。早めの栗東入りが功を奏したようです。展開的にも決して楽ではなかっただけに2着確保は地力強化とみてよさそうです。
初障害の⑭タフが3着。障害試験は101.9秒だったので使ってからかと思っていましたが、それ以前に鞍上が障害未勝利の田村というのが買いにくかったですね。
ただ、勝利に貪欲な森厩舎の馬なので適性アリと判断する手もあったかと。次は人気になるでしょうけどチャンスは十分にありそうです。
単勝1.7倍の断然人気に支持された⑦シャロームは4着。昨秋の使い出しから6戦目で疲れもあったのかもしれません。未勝利ならば力量上位なんですが、ワンパンチ足りないので人気との兼ね合いは考えておいた方がいいでしょうね。

東西ともに単勝1倍台の馬が消えて波乱になりましたが、安易に◎を打たない方がいいというのは肝に銘じておきたいですね。
23:30 | 踏み切ってジャンプ2012
comment(0)     trackback(0)
comments
comment posting














 

trackback URL
http://redsandhorse.blog86.fc2.com/tb.php/3130-26d09f6f
trackback