6/15 阪神4R 障害未勝利 #32

土曜日の障害戦は東西で未勝利戦が行われます。
まずは阪神の未勝利戦から。

1枠 1番 タッチドヘヴンリー(牡5栗東/大根田・60北沢)
2枠 2番 キレイナダケデス(牝4栗東/田中章・57森一)
3枠 3番 カレンシュガーレイ(牡4栗東/安田隆・60小坂)
4枠 4番 テイエムオウショウ(牡4栗東/柴田見・60高田)
5枠 5番 アイファーアクセス(牡5栗東/坪憲・60田村)
6枠 6番 ピンクピアリス(牝5栗東/目野・58難波)
6枠 7番 ヤマニンメダイユ(牡4栗東/浅見・60平沢健)
7枠 8番 サンライズロイヤル(牡4栗東/増本・60植野)
7枠 9番 リバークリーク(牡5栗東/作田・60黒岩)
8枠10番 ファイヤー(牡5栗東/本田・60熊沢)
8枠11番 プレミアムパス(牡5美浦南/武市・60浜野谷)

◎①タッチドヘヴンリー
○④テイエムオウショウ
▲⑩ファイヤー
△⑪プレミアムパス
馬連①→④⑩⑪

11頭立てで初障害の馬が5頭。基本的に5月26日のアドマイヤサイモン組の再戦ムードだが、悩ましいのは平地準オープンから入障の⑩ファイヤーの取捨。今回はこれがキモと思われます。
結論から言うと⑩ファイヤーは▲評価。直前の準オープンで4着だから平地の脚は一枚上。6日の障害試験を95.2秒で合格しているので、普通なら頭から入っていいのだが、問題はそれが2回目であるということ。もっとも1回目の5月30日の時も97.2秒で走破しているので気にすることもないのだろうが、やはり一発合格でないのは引っかかる。よって▲という評価。
◎は前走3着の①タッチドヘヴンリー。障害入り2戦目で変わり身を見せており、今回はさらなる上積みに期待。
○は前走2着の④テイエムオウショウだが3回連続の中2週と押せ押せのローテーションで上がり目を考えると一枚下げてみた。
△は優先出走権を得て再度西下の⑪プレミアムパスまで。
08:16 | 踏み切ってジャンプ 2013
comment(0)     trackback(0)
comments
comment posting














 

trackback URL
http://redsandhorse.blog86.fc2.com/tb.php/3446-7bc9bd64
trackback