今シーズンのドラフト結果&指名理由②

『わくわくドキドキPOG』のドラフト結果その②です。

※凡例:◎…単独指名 ○…リスト順上位で獲得 ▼…抽選負け ■…リスト順下位で獲得できず
★…dskさん主催POGアンリミテッド指名馬
J…JRA-VAN POG指名馬
NK…netkeiba POG指名馬
US…ウマニティPOGスペシャルワールド指名馬

6位 シーズアンの2014(牝・栗東/佐々木)→○
父:マンハッタンカフェ
母の父:Zieten
馬名:アンジュシャルマン
生産:ノーザンF
馬主:キャロットF
★・NK

ハーツクライの牡馬をリストアップしようとして佐々木厩舎を見てみたら、既に入厩していて急遽リストインさせたのが本馬。
佐々木厩舎×キャロットといえば、過去の指名馬のダローネガがいるし、その他にも函館デビューだったローガンサファイアがマーガレットSを勝っており早期デビューなら出世の確率は高そうなのが魅力。
桜花賞を狙うのなら1600デビューに的を絞るのが正解なのだけど、1400デビューなら牝馬の場合はフィリーズレビュー狙いができるし、関西なら1400のオープン特別も数は多いのでそこまでのマイナス材料にはならない。
6月5日の阪神1400を鮫島駿騎手で確定。頭数も手頃だし、水曜日の坂路で動いたので新馬勝ちの期待はしております。

7位 アドマイヤリッチの2014(牡・栗東/平田)→◎
父:クロフネ
母の父:サンデーサイレンス
馬名:レッドラシーマ
生産:ノーザンF
馬主:東京HR
★・NK・US

一昨年のウマニティPOGで指名したレッドソロモンの半弟が開幕週からスタンバイとのことでリストアップ。
メイショウサムソン産駒ながら宝塚記念の日の1800でデビューした半兄を思えば、クロフネ産駒なら初戦からソコソコやれるんじゃない?という目論み。
正直なところ追い切りは『開幕に間に合った』ぐらいの時計で、好時計を連発していた兄と比べると物足りなさはあるけれど、数をこなせていくならなんとかなるかな~という感じで、3戦目までに勝ち上がることができればいいかな、と。

-位 スカーレットの2014(牡・栗東/音無)→■
父:ディープインパクト
母の父:シンボリクリスエス
馬名:(アドミラブル)
生産:ノーザンF
馬主:近藤英子

体質が弱くて大成できなかった全兄・全姉に続いてのディープインパクト産駒で、本馬は順調らしいのだけど、やはり怖さはあるので真ん中ぐらいの順位で…と考えていたのだけどハズレ1位で持っていかれたのなら仕方なし。

8位 オリエントチャームの2014(牡・栗東/池江)→◎
父:ハービンジャー
母の父:サンデーサイレンス
馬名:(ペルシアンナイト)
生産:追分F
馬主:G1レーシング
NK・US

単純に池江厩舎の京成杯3連覇を期待してリストアップw
あまり重賞から逆算するのはよろしくないのだけど、ドラフト時にもう吉澤ステーブルWESTまで来ているとのことだったので“先輩”のプロフェット同様に札幌1800が視野に入っていると想像して期待しております。

-位 タイタンクイーンの2014(牡・栗東/池江)→▼
父:Lonhro
母の父:Tiznow
馬名:ミラアイトーン
生産:ノーザンF
馬主:島川隆哉

一昨年にトーセンゲイルが盛大にスベって、昨年は南半球産の外国産馬が入るとか言っていたら南関東の小久保厩舎からデビューと、一時は鉄板級の安定感を誇っていた池江厩舎×島川氏のマークが薄くなる頃と思って狙ったものの、残念ながら抽選負け。

-位 ポップコーンジャズの2014(牡・栗東/池江)→■
父:キングカメハメハ
母の父:ダンスインザダーク
馬名:(プレスト)
生産:ノーザンF
馬主:金子真人HD

3シーズン前に指名したラブリーデイの全弟なのだが、兄があまりにもブレイクし過ぎたのを考慮して、それで各媒体で晩成を強調されていたから、そこを意識してデビューが遅くなったら嫌だな~と思って、意外と金子さんの馬って争奪戦にならないイメージがあったので順位を下げたらかっぱらわれましたw
毎年のことなんだけど、ウチの血統を狙っている人がいるんだもの。それだけウチが強いチームになったんだと自惚れてみることにするww

-位 クロウキャニオンの2014(牡・栗東/角居)→■
父:ディープインパクト
母の父:フレンチデピュティ
馬名:(クリアザトラック)
生産:ノーザンF
馬主:金子真人HD

これも手垢のついたクロウキャニオンの血統。今シーズンは上の牝馬2頭の指名者がいないので“拾える”タイミングということでリストインしてみたけど、さすがにこの順目ではこぼれてこなかったw
牡馬としては若干小さいと感じたので『おこぼれ待ち』に構えただけなので、これも上で消えるなら致し方なし。

9位 タンザナイトの2014(牡・栗東/音無)→◎
父:ルーラーシップ
母の父:サンデーサイレンス
馬名:ダンビュライト
生産:ノーザンF
馬主:サンデーレーシング
★・NK

結果的に5頭目のサンデーレーシングになったのだけど、昨シーズンに頑張ってくれたブラックスピネルのおじに当たる馬でNFしがらきへの移動報が出たのでリストイン。
でも単独指名だったから慌てる必要はなかったのねw
昨年のブラックスピネルよりは入厩が遅くなったけど、それでもしがらきまで来ていれば中京には間に合うとは思っています。
同じ勝負服のルタンデュボヌールとの使い分けなら7月17日の中京の2000だと思うのだけど、どうなることやら。

10位 カチバの2014(牡・美浦/堀)→○
父:ステイゴールド
母の父:Sir cat
馬名:(オメガドラクロワ)
生産:社台F
馬主:原禮子
J・US

これまた毎年恒例の『オメガ枠』w
ステイゴールドから1頭選びたいと考えていたのと、今シーズンは早めデビューを意識しているものの、1頭ぐらい秋デビューがいてもいいとの思いから『秋デビューでも大丈夫な厩舎』で堀厩舎のこの馬をピックアップ。
情報が少ないのは個人馬主ゆえだと思っているので気にしていません。
大物であってくれればいいのだけど。

その③に続く。
07:32 | 未分類
comment(0)     trackback(0)
comments
comment posting














 

trackback URL
http://redsandhorse.blog86.fc2.com/tb.php/4692-f482229b
trackback