今シーズンのドラフト結果&指名理由③

『わくわくドキドキPOG』のドラフト結果のその③です。

※凡例:◎…単独指名 ○…リスト順上位で獲得 ▼…抽選負け ■…リスト順下位で獲得できず
★…dskさん主催POGアンリミテッド指名馬
J…JRA-VAN POG指名馬
NK…netkeiba POG指名馬
US…ウマニティPOGスペシャルワールド指名馬

11位 ソングバードの2014(牡・栗東/須貝)
父:ワークフォース
母の父:ダンスインザダーク
馬名:アドマイヤウイナー
生産:ノーザンF
馬主:近藤利一
★・J・NK・US

昨年にアドマイヤエイカンを指名した須貝厩舎&アドマイヤのコンビから既に栗東に入厩していた本馬に白羽の矢。
リストアップの時点ではワークフォースの初年度産駒は1勝馬しかおらず(※ドラフト当日にクィーンズベストが初の2勝馬に)重賞2着もいなかったので、最初はスルーしようかと思ったのだけど、ワークフォースの産駒成績を見てみると『良くも悪くも相手なり』という傾向が見受けられた。例えば重賞3着で複穴を開けたと思えば、人気を背負った自己条件でも3着みたいな。
それならばオープン馬の宝庫である須貝厩舎で調教からオープン馬に揉まれればワンランク上の“相手なり”の走りができないかな~と思ったのと、この時期に栗東に入っているということは函館1800のどこかを使うだろうと思ったので、こういう馬が当たったらドヤ顔ができるだろうと思って狙ってみたw
期待度はそこまで高くはないけど、2勝してくれればOK。欲を言えば新馬勝ち→コスモス賞、以下オープン特別をコツコツと…のイメージで。

-位 ジャッキーテーストの2014(牝・栗東/音無)
父:ディープインパクト
母の父:カーネギー
馬名:(アロマドゥルセ)
生産:ノーザンF
馬主:キャロットF

桜花賞で6年連続連対中のディープインパクトの牝馬は欲しいところで、狙い目は3年連続連対中の『キャロットの関西馬のディープインパクト牝馬』ということでリストアップしたのだけど、ぶっちゃけた話、今年の二択(母・ジャッキーテーストと母・レーヴディマン)はそんなに食指が動かなかったのね。
どちらかと言えばジャッキーテーストの方かな~ぐらいの話で、本気で獲りにいくならもっと上で書いているのでこれは仕方ない。
余談だけど『サンデーレーシングの関西馬のディープインパクト牝馬』というのはもっと食指が動かなかったw

12位 ノヴァホークの2014(牡・美浦/加藤征)→◎
父:ダイワメジャー
母の父:Hawk Wing
馬名:トワードポラリス
生産:社台F
馬主:吉田照哉
J・US

ダイワメジャー産駒から1頭行っておきたいと思って調べていて網に引っ掛かったのが本馬。山元TCまで移動しているという点に惹かれてリストインしたところ、ドラフトの日には美浦に入厩していたどころかゲート試験に合格していたのには驚いたw
リストの順位が下の方なのは、過去に加藤征厩舎を2頭指名して未勝利なのと、昨シーズン24勝した内、ミルコで8勝したのに対して(加藤征厩舎の馬によく乗る)ルメールで1勝しかしていないという相性面を考慮して。でもこれだけ下でノーマークなら気分も楽だw
評価はマイラーらしいけど、加藤征厩舎の青竜S3連覇に貢献できれば…ぐらいの心持ちでw

13位 フォルナリーナの2014(牡・美浦/池上)→◎
父:ハーツクライ
母の父:Capote
馬名:(ファヴール)
生産:社台F
馬主:島川隆哉
J・US

ハーツクライ産駒からなにか…ということで、こちらも山元TCまで来ているとのことでリストイン。ドラフトの時点では美浦には入っていないようだったけど、島川氏だから福島でデビューかな~とイメージ。
裏街道をコツコツと2勝してプリンシパルSに間に合えば…のイメージで。

14位 Aguileraの2014(牝・未定/)→◎
父:Uncle Mo
母の父:Unbridled's Song
馬名:未定
生産:アメリカ
馬主:(吉田勝己)
★・US

外国産馬で1頭指名しておきたいということで、色々と本やブログを見たところ、総体的に評判の高そうだったのが本馬。はい、はっきり言ってパクりですww
Uncle Moが世界的トレンド、というのを鵜呑みにしました。
一つだけ“自力”の要素があるとすれば、Uncle Mo産駒が昨年は9月の阪神でデビューしているのを確認したぐらい。順調なら秋には間に合うというのはわかったので、とにかく順調であるのを願うのみ。


ここまでで提出したリストの馬を使い果たしたので1頭補充することになりました。
最大の補強ポイントは
・ディープインパクト産駒の牡馬
だったのだけど、4頭リストアップしたのだがどの馬も決定打には至らず。
次に
・金子さんの牡馬
を補強ポイントに挙げたのだが、14頭の内訳が牡馬11頭・牝馬3頭だったことから最終的に牝馬を指名することに。

それで指名したのが
15位 リープオブフェイスの2014(牝・栗東/笹田)→◎
父:タートルボウル
母の父:クロフネ
馬名:ファームフェイス
生産:追分F
馬主:G1レーシング
J・US

正直なところ、タートルボウル産駒の適性はよくわからないのだが、栗東に入厩しているというのが決め手。
笹田厩舎の早期デビューで思い出すのは函館でデビューしたオークス馬エリンコート。
そして笹田厩舎×G1レーシングだとケツァルテナンゴがいるので、結構ポジティブなイメージはある。
どこから使いだすのかは未定だけど、これもコツコツ走ってくれれば…。

ということで今シーズンの“本隊”15頭が決まりました。
目標は『獲得全馬の勝ち上がり、90走・27勝』
端的には昨年以上だから25勝でいいのだけど、出走数の目標を90にした関係で25勝だと勝率が下回っちゃうから(^^;

キャリアハイの内容だった昨シーズン以上のシーズンを迎えられるように頑張って欲しいところです。
07:33 | 未分類
comment(0)     trackback(0)
comments
comment posting














 

trackback URL
http://redsandhorse.blog86.fc2.com/tb.php/4693-ae96a0a7
trackback